中国に冷遇され破綻するプーチン戦略

ロシアのプーチン大統領は9月3日、中国の対日戦勝70周年式典に参列、習近平国家主席の右隣に立ち、中露の盟友ぶりを誇示した。同大統領の訪中は、2000年の就任以来これが24回目。この間の訪日は4回で、最近の北方領土問題での反日志向と併せ、すっかり中国一辺倒に舵を切った形だ3日夜の首脳会談では、30近い経済協力文書が両首脳の見守る中で調印された。だが、いずれの案件も中国の消極姿勢が目立ち、ロシアの経済苦境を救う案件はなかった欧米の制裁で中国が頼りのロシア経済にとって、中国の冷淡な対応は誤算だ

■口先だけのエネルギー協力

最近の中露経済交渉では、ロシアのエネルギー大手トップが中国側と個別交渉し、企業間で中国との近さを競い合っている印象だ。今回、最も目立ったのは国営石油会社ロスネフチで、セチン社長は「ルースキー油田など2つの大型油田開発などに中国が投資し、総投資額は300億ドルに達する」と豪語した。しかし、これは「潜在的な可能性のある数字」(同社長)とされ、一種の努力目標にすぎないロシア紙ガゼータ(9月4日)は専門家の話として、「合意の条件はこれから詰める必要がある。原油価格の下落を考えれば、中国側の対応は厳しくなろう」と伝えた

大統領に近い実業家、ティムチェンコ氏が率いるガス業界2位のノバテクは今回、中国のシルクロード基金との間で、北極海のヤマル液化天然ガス(LNG)計画に中国側が10%出資することを検討する「枠組み協定」に調印した欧米の金融制裁を受けるノバテクは中国の融資を期待し、同氏は「中国が将来200億ドル出資する」としていた。しかし、今回の協定を含めて検討段階であり、中国側はまだ出資を一切決めていない

 ガス生産量が今年、過去10年で最低となるなど低迷する最大手のガスプロムは今回、中国側とエネルギー協力に関する覚書に調印した。しかし、懸案のガスパイプライン西ルートについて合意に至らず、ミレル社長は「来年春の調印を希望する」と述べるにとどまった昨年着工した東ルートも、中国側が価格引き下げを要求し、工事が停滞している模様だエネルギー以外の合意文書でも、目玉となる案件はなかった今回、首脳会談後の共同記者会見が行われなかったのは、進展がなかったためだろう

■中国が主導権

既存油田・ガス田の枯渇化が進むロシアにとって、新規油田・ガス田の開発が急務だ。独立新聞(9月4日)によれば、メドベージェフ首相は3日にモスクワで開かれた石油業界の会議で、「新規油田を開発して増産し、ロシアが石油産業のリーダーとしての地位を保持することが極めて重要だ」と強調し、新規開発を指示した。しかし、この会議では原油価格が今後、1バレル=25-30ドルに下落する可能性のあることが報告され、暗いムードが漂ったという

欧米諸国の対露制裁で、西側企業によるエネルギー産業への技術支援や融資が困難になる中、ロシアにとっては中国の融資が頼りだったが、首脳会談では中国側の冷淡な対応が目立った。ロイター通信(9月3日)は、「原油価格の下落、ルーブルの暴落、中国自身の経済混乱や汚職一掃運動が、ロシアとの一連のプロジェクトを無期延期にする可能性がある」とする業界筋や専門家の話を伝えた。中国政府高官も8月、インタファクス通信に対し、「原油価格下落がガス・プロジェクト交渉を複雑にしている。ルーブルの下落も中露経済協力に大きなリスクをもたらした」と発言した

英紙フィナンシャル・タイムズ(8月18日)は、「中露のエネルギー協議では中国が主導権を握っている中国経済の悪化でガス需要は予想以上に落ち込み、中国にとって一連のプロジェクトを急ぐ必要は全くないロシアとの交渉で中国は非常に強い立場にある」と書いた

■「脱露入米」へ向かう中国

プーチン大統領は以前、2025年までに石油輸出全体の35%、ガス輸出の25%を中国向けにすると語ったことがある現在、中国向け石油輸出は全体の14.8%だが、ガス輸出はまだほとんどゼロでサハリン産LNGを高値で大量購入する日本の方がお得意様だ中国は東南アジアやアフリカ、中南米など既に大量投資したガス田からの輸入を拡大しており、需要が低迷すれば、リスクを伴うロシアからの新規ガス輸入を急ぐ必要はない。ロシアの評論家、ウラジスラフ・イノゼムツェフ氏はモスクワ・タイムズ紙(9月2日)で、「中露のエネルギー協力の夢は消え去ったガスパイプライン計画『シベリアの力』がいつ完成するかは誰にも分からない」と書いた

中露両国は昨年883億ドルだった2国間貿易を、今年1000億ドルに乗せる目標を掲げたがロシアの経済危機や中国経済の混乱で、今年上半期の往復貿易は前年同期比28.7%のマイナスだった中国の対露投資はまだ少なく、昨年は16億ドルにすぎなかった。イノゼムツォフ氏は「中国はその10倍以上をカザフスタンに投資している」「昨年のロシアからの資本逃避総額1515億ドルは到底挽回できない」とし、両国の経済事情から、「中露の経済的、政治的関係を強化することは、かつてなく難しくなりつつある」と指摘した

プーチン大統領は日本軍国主義批判」に同調するなど、中国に政治・外交面で協調して恩を売れば、中国から経済的配当が得られると目論んだようだが、中国は現実的かつしたたかであり経済が破綻しかけたロシアに魅力を感じていない中露間では70周年式典相互参加や公式首脳会談、合同軍事演習など今年の主要な交流はすべて終わり、しばらく関係強化のモメンタムはない。中国外務省関係者は最近、中国外交が今後「脱露入米」に向かう可能性を示唆した日米を敵に回して中国にすり寄ったプーチン戦略は裏目に出るかもしれない

参考 新潮社フォートサイト 2015.09.10

【関連する記事】