中国が勝利して自滅するワケ

5月30日付英紙ミラーに躍った大見出しは、中国の軍事膨張や侵略的蛮行を鋭く衝いていた。習近平・国家主席(62)の掲載写真も鉄面皮の悪相だった。ところがよく見ると御髪が…。

汚職スキャンダルに大揺れするFIFA(国際サッカー連盟)に君臨するゼップ・ブラッター会長(79)の5選決定(4日後に辞意表明)を受けた責任追及記事と取り違えていた確かに、中国とFIFAは賄賂と派閥の跋扈に始まり不透明な決定プロセスに至る共通の闇文化を有す

ただ、「恥知らずな」幹部を抱えるFIFAには再建が期待されるが、建国100年=2049年までの中華帝国復興をなりふり構わず強引に進める中国には「恥という言葉」すらないが故に自滅への期待がかかる

シンガポールで5月末に開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ対話)でも、中国人民解放軍副参謀総長の孫建国・海軍上(大)将(63)が《ますます醜悪になった》中国の南シナ海覇権に異を唱えるベトナムやフィリピンを「小国は挑発的行動を採るべきではない」と侮辱した

反り返った態度が巨大な反作用を誘発し、自滅へと突き進む愚かを、安全保障論上は《勝利による敗北》と呼ぶ

FIFA幹部の逮捕に憤りは感じたが、驚きはしなかったケタはずれの賄賂を懐に入れる中国軍幹部の汚職を何度も報じてきた小欄は「免疫」ができてしまったらしい。反面《ますます醜悪になった》中国の安全保障観は分析の度、増殖するバイ菌に触れるのに似た不快感に襲われ、吐き気をもよおす

孫上将はまるで王朝に仕える将軍のごとく振る舞った南シナ海で続ける岩礁埋め立て=人工島建設→軍事基地化→領有権設定を「合法で正当かつ合理的活動」と開き直り、南シナ海は「平和で安定している」とうそぶいたのだ即時停止や不法な領海設定阻止に向け、人工島の22キロ以内で海軍艦艇・哨戒機を活動させると警告する米国への反発であった

「平和で安定している」にもかかわらず共産党系の環球時報紙は社説で《中米軍事衝突の危険が高くなった/米国が中国に教訓を与えるとの傲慢なたくらみを持ち、一戦も辞さないなら、尊厳のために戦う》と勇ましい孫上将も「米国などが(中国と関係国の)不和の種をまいていることに強く反対する」と喧伝するが、中国が軍事的膨張・冒険を強行しなければ現下の緊張・対立は起きなかった加害者が被害者を装う立場のすり替えは堂々とし過ぎで、いつもながら滑稽だ

同時に環球時報紙は《米国の狙いが単に威嚇と嫌がらせならば(戦争回避に向け)自制を働かせる》とも。不利になると「今日はこのくらいで勘弁してやるかっ!」とボケる、強がり漫才を聴いているかのよう

 下品な恫喝が孤立助長

が、笑って済ませられる時期はもはや過ぎた。中国軍系シンクタンク常務副会長の羅援・退役陸軍少将(65)は「局地戦の準備をしている米国は絶対に勝てる自信が有るのか」と凄む

2014年にも「中日が開戦すれば東京を火の海にする」と発言したが、言葉には気を付けた方がいいストレス解消も結構だが、国家が発する下品な恫喝は国際的孤立を助長する

もっとも、自身の行いに目をつぶり、行儀よく大哲のフリをする上から目線も鼻につく。習氏は3月末、国際会議で演説し、異なった政体や文化を許容するアジア共同体構築を念頭に、儒者・孟子(紀元前372頃~前289年)の教えを引き説教を垂れた

物が不揃いであることは、それぞれに道理がある」

 チベットやウイグルといった他文化を“浄化”し漢文化に「揃える」凶暴を「道理」と詐称する傲岸不遜。以下、米政府・軍に影響を持つ現代を代表する戦略家エドワード・ルトワック氏(72)の著書《自滅する中国/なぜ世界帝国になれないのか=芙蓉書房》の助けを借りて論じる

《自滅する中国》に通底する論理的支柱の一つは一方的に勝ち続ける過程で相手の反動を呼び起こし、結局は自らを滅ぼす逆説的論理《勝利による敗北》。政治・軍事・経済・文化・移民…あらゆる分野での国際常識を逸脱した台頭・侵出は畢竟、諸外国の警戒感や敵愾心を煽る。

中立的立場の国や友好国にとっても許容限度を超え、離反をも誘発。敵対国同士の呉越同舟さえ促す。そうした国々は公式・非公式に連携・協力し、場合により同盟構築に関係を昇華する。国際情勢は中国にとり次第次第に不利になり大戦略・野望をくじく結末を引き寄せる

際、アジア安保会議を機に開かれた日米豪防衛相会談は対中警戒を確認日本はベトナムに経済支援を実施→ベトナムはロシアから潜水艦を購入→同型潜水艦を運用するインド海軍が越海軍乗員を訓練する-互いに意図せぬ構図を生んだ一時後退した米・フィリピンの軍事関係も、ほぼ元に戻った。全て中国の脅威の“お陰”。

自国のパワー増大→反中包囲網形成→パワー減退をたどる皮肉=逆説的状況の回避には、軍の拡大を遅らせる他ない。だのに、中国は他国への挑発的大戦略を止められない。なぜか-。

まず、中華思想に魅入られた中国に対等という感覚はない。冊封体制や朝貢外交に代表される上下関係が全て。しかも、2500年以上前に著わされたとされる《孫子の兵法》通りに、陰謀や騙し合いを当然のごとく繰り返す

漢民族は狡猾な策略こそが知恵だと信じて疑わず欧米や日本などは権謀術数によって操れ、優位に立てると過信する。しかし、同一文化内では通用するものの異文化に強要すれば自国崩壊につながる

 モンゴルやトルコ系王朝、満州族に敗北を喫し、過去1000年において漢民族が大陸を支配できたのは明王朝(1368~1644年)時代ぐらい。ルトワック氏は自信を持って断じる。

漢民族に(自身が思っているような)戦略の才はない

賢者を気取っても、中国はどこか間が抜けている滅亡へと誘う弱点が奈辺に在るのか、中国に悟られてはなるまい。知ったところで、聴く耳は持たぬだろうが…。

参考 Sankei Biz  2015.06.08

 

【関連する記事】