中国、資本流出19兆円→昨年7~9月

国際決済銀行(BIS)が6日公表した四季報によると、中国からの資本流出額(外貨準備高の変動を除く)は2015年7~9月期、1630億ドル(約19兆円)に達した
中国本土外の人民元建て預金が減少したことや、中国企業がドル建て債務の圧縮を急いだことなどが原因だという
人民元建て預金の減少は流出額の約半分に相当する800億ドルだった。これまでは対ドルでの元相場上昇期待から増加してきたが、最近の元安を嫌気し、減少に転じたという台湾や香港、マカオ、韓国、シンガポールで減少が目立ち、これら国・地域の減少額は計400億ドルに上った

時事通信  2016.03.06
  images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】