中国、西沙に地対空ミサイル

米FOXニュースは16日、中国がベトナムなどと領有権を争う南シナ海・西沙(英語名パラセル)諸島のウッディー(中国名・永興)島に少なくとも8基の地対空ミサイルを配備したと伝えた。

images (11)
民間の人工衛星の画像を分析した結果として報じた射撃管制レーダーとみられる設備も併せて確認したという
FOXによると、今月3日時点で何もなかった浜辺に、14日時点ではミサイルの発射装置などが映っていた。米当局者はFOXに対し、ロシアの最新鋭地対空ミサイル「S300」に似た射程約200キロの「紅旗9」とみられると指摘。FOXは「付近を飛行するあらゆる航空機にとって脅威となる」と伝えた

images (14)
米軍は今年1月、西沙諸島のトリトン(中国名・中建)島から12カイリ(約22キロ)内に駆逐艦を送り込み、海域の管理を強める中国をけん制した。ミサイル搬入は米軍への対抗措置である可能性もある

   参考 時事通信  2016.02.17
  EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】