中国→開発が進むシェールガス

中国政府は最近、補助金支給や租税優遇策などを掲げ、四川省、重慶市、貴州省など19地域をシェールガス探査開発地域に指定した。   中国はシェールガス埋蔵量が世界最大とされている

2012年に3,000万立方メートル規模で試験生産を開始した中国のシェールガス産業は、昨年生産量を2億立方メートルへと大きく伸ばした

ブルームバーグ通信は、このまま推移すれば、シェールガスの来年の生産規模が目標値の65億立方メートルを上回り、100億立方メートルに達すると予測した。中国政府は2020年に生産量を最大1000億立方メートルまで増やす計画を立てている。そうなれば、20年の中国の天然ガス予想需要量(3080億立方メートル)の26%をシェールガスで賄うことができる

参考 朝鮮日報 2014.05.06

【関連する記事】