中国→東北部はゼロ成長の可能性

元日銀理事の稲葉延雄・リコー取締役兼リコー経済社会研究所所長は9日都内で講演し、中国経済について「北京周辺や東北部の成長率はゼロ%との見方があり、減速が激しくなっている」と指摘し現地に進出している日系企業は「決済不履行が起こらないか等しく心配している」と述べた

<アベノミクス、成功したかどうか判然としない>

日本経済は中国減速により「自動車や一般機械の在庫がたまっている」が、「企業収益が好調で、物価も(前年比で)上昇せず、実質収入がプラスで消費を支えていく」とし、「経済が前向きに拡大していく力はギリギリ保持されている」との見解を示した

日銀が進める大規模な金融緩和を核とするアベノミクスについて「2年半経過したが日本経済は滅茶苦茶になっていないが、どんどん良くなってもいない」とし、「成功したかどうか判然としない」と論評した「経済が活性化すればデフレも脱却することはあるが、デフレから脱却すれば経済活性化するとは言えない」と指摘。「犬はすべて動物だが、動物がすべて犬ではないのと同じだ」と解説した

参考 ロイター 2015.10.09

【関連する記事】