中国→日米のTPP妥結に不満

中国は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の妥結に対し「前途はほど遠い」という反応を見せた中国が除外されたことに対する間接的な不満の表出だ

新華社通信は6日、「交渉が妥結したとはいえ、関連国の議会の批准はもちろん、該当国の国民の反対が多く、実行までは難関が少なくない」と分析した。特に米国の場合、一部の議員がすでに反対の意思を明確にし、国民も少なからず反対を表示し、議会の批准は容易でないという見方を示した。また「米国の各労組と環境団体、消費者団体、医療保健機関も今まで反対デモを続けてきた」と伝えた。

香港の文匯報は「米国はTPP交渉を主導しながら中国を招請しなかったこれは中国が主導する一帯一路(陸海上シルクロード経済圏)に対応する米国の世界戦略と認識されている」と分析した

中国商務省はこの日、ホームページで「TPPはアジア・太平洋地域の主要貿易協定の一つ」とし「中国は世界貿易機関の規定を遵守し、アジア・太平洋地域単一経済圏構築を支持する今回の協定妥結が域内自由貿易を促進し、経済発展に貢献することを期待する」と論評した。

参考 中央日報 2015.10.06

【関連する記事】