中国→日本の「スパイ島」をミサイル射程内に

中国共産党機関紙・人民日報のニュースサイト・人民網は8日、日本の自衛隊が釣魚島(日本名・尖閣諸島)方面の監視と情報収集能力向上のため、沖縄県与那国島を「スパイ島」に仕立て上げる計画だと報じた

日本メディアによると、日本政府は与那国島に強大な監視・通信基地を建設しようとしている与那国島は釣魚島(尖閣諸島)から150キロしか離れておらず、「防衛」と「中国側の動向の監視」をする上で、重要な拠点とみなされている島には約1500人が暮らしている

これに対し、中国側は沿岸からのミサイル射程圏に与那国島を含めるという対抗措置を講じるとしている

参考 FOCUS ASIA  2015.04.11

 

【関連する記事】