中国→外交的には成功のAIIB

中国が設立を主導する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(Asian Infrastructure Investment Bank、AIIB)」は、創設メンバーの申請期限だった3月末までに米同盟国を含む約50か国・地域の参加を集め、外交面で素晴らしい成功を収めた。

ただ、共産党独裁の中国政府にとって、欧州からアジアまでを股に掛けた多国間機関を運営するのは初の試みであり、困難な課題となると専門家らは指摘している

中国政府と財政省によると、AIIBへの参加表明国は3月31日までに49か国に上り、台湾も参加を申請した。その中には、国連安全保障理事会(UN Security Council)の常任理事国5か国のうち4か国、経済協力開発機構(OECD)加盟34か国のうち18か国、東南アジア諸国連合(ASEAN)全10か国が名を連ねており、米国と日本の不在が目立つ

中国は既にロシアと中央アジア4か国と共に構成する上海協力機構(Shanghai Cooperation Organisation、SCO)や新興5か国「BRICS」の枠組みの中で、主導的な役割を果たしている

しかし、北京大学HSBCビジネススクール(Peking University HSBC Business School)のクリストファー・ボールディング(Christopher Balding)氏は、資金規模でも影響力の面でもAIIBは「全くレベルが異なる」と話す

AIIBの創設メンバーには、カザフスタンやミャンマーに代表される中国と関係の深い国々に加え、ドイツ、英国、フランス、イタリア、オーストラリアといった有力な米同盟国も名乗りを上げた。民主主義と市場経済が浸透したこれらの西側諸国は、環境や人権、汚職、融資の効率性などの問題に関して強く意見を主張していくだろう

中国共産党の機関紙・人民日報(People’s Daily)の国際版、環球時報(Global Times)も、1日付の社説で「より多くの国と地域が加わるほど、意見の一致をみるのは一層難しくなる」と論評している

■世銀とADBでは賄えないアジアの開発資金

各国の参加を募るに当たり、中国はAIIBの意思決定において拒否権を放棄する方針を示したと報じられている

だが、特有の汚職体質を抱える中国共産党が主導するAIIBには、透明性をめぐって根強い懸念が残る。また、中国がAIIBを利用して自国の地政学的・経済的利益の拡大を図るのではないかと警戒する声も聞かれる

アジアでは今後、輸送や電力、通信などの大型インフラ投資の需要が高まる。ADBの試算によれば、2010~20年のアジアへのインフラ投資額は推定8兆ドル(約960兆円)で、日米が主導する世界銀行(World Bank)とアジア開発銀行(Asian Development Bank、ADB)の資金だけでは賄いきれない

中国は、AIIB設立に隠された利己的な動機はないと主張する。史耀斌(Shi Yaobin)財政次官は、声明で「AIIBは互恵的な構想であり、既存の国際経済秩序を補完するものだ」と説明。「開放的かつ高い透明性と効率性」を約束した

だが、AIIBには世銀やADBの役割を奪う可能性もある。米国と日本はガバナンス(統治)や融資基準に関する懸念から、これまでのところAIIBへの参加を見送っている。

最終的には、中国政府も西側諸国の積極的な協力が必要になると認識していると指摘する専門家もいる

参考 AFPBB News 2015.04.03

【関連する記事】