中国→今の日本人を恨む理由がない

中国のネット上では、日本にあこがれを抱き、日本文化を称賛する声が少なくない。歴史的な問題から日本に反感を抱くネットユーザーと口論になることも珍しくない。16日には「君たちはなぜ日本を擁護するのか?」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから多くのコメントが寄せられている。

スレッドに対し、「日本を良く言う中国人の一部は、中国国内の『負け組』だ。彼らは中国で理想の生活を送れないために、日本を自分の理想の地に仕立て上げているのだ」と賛同する声もあったが「擁護していない」と反論する声が圧倒的に多かった

「日本を擁護しているわけではない。正義を擁護しているだけ
日中友好のために真実を語っているだけだ

「日本は中国より進んでいて、多くの分野で優れているからだ。ただ擁護しているのではなく、事実を述べているに過ぎない

「どの国にも戦争をけしかける輩は存在する。日本の過ちは過去のこと。今の日本人を恨む理由が見つからない

日本を良く言っている人を『日本を擁護している』と考えるのは、日本を理解していない証拠だ

国の過ちは国民の罪とは言えない中国の『憤青(反日感情が著しい若者)』は怒りの矛先を無関係な人間にまで向けている

参考 Record China 2015.01.17

 

【関連する記事】