中国→なぜ環境問題解決しないのか?

いよいよ11月10日から、北京でアジア太平洋経済協力会議(APEC)が始まる。この時期にいつも気になるのは北京の大気汚染である。北京市内では11月に入って、一時、大気汚染物質「PM2.5(微小粒子状物質)」の大気中濃度が世界保健機関(WHO)の指針の約16倍に上昇した

北京の環境は、いわば「張子の虎」である

PM2.5で問題になるのは人的な健康被害で、ぜんそくや肺気腫や肺がんなどの呼吸器疾患、血栓や心臓病などへの影響が懸念されている。PM2.5は粒子が小さいので重力の影響を受けにくく、上昇気流に乗って大気中に拡散していくから、韓国や北九州などにも被害は及んでいる。去る10月19日に行われた北京マラソン2014では、マスクをして出走したり、途中で棄権するランナーが続出した。

 さて、APECには安倍首相やオバマ米大統領、プーチン・ロシア大統領などが出席する予定だが、中国当局は会議開催期間中の近隣工場の操業停止を決定しているので、この期間だけは少しは、北京の青空が見えているはずだ北京を含む中国北部は、石炭暖房のシーズンに入りつつあるが、当局はAPEC期間中の大気汚染緩和を「最優先」として、「万難を排して」取り組まねばならないと言っている交通制限も同時に実行され、テロ防止も含めて厳戒態勢を敷いている

もちろん、環境問題は重要な会議の期間中さえクリアすれば良いというものではない。常日頃からのサステナブルな対策が重要だ中国で使用されるエネルギーは石炭が中心だから国の全土で石炭のばい煙やSOX(硫黄酸化物)NOX(窒素酸化物)などの排気ガスが拡散され、なかなか抜本的な対策は打てていないようだPM2.5対策についてもやはり抜本的に改善される兆しはない

確かに、道路や交通システムは近代的になったが、環境対策が追いつていないのが実体である実は北京の中心部の排水施設も、「100年前のまま」というところが少なくない。なので、少しでも集中豪雨がくれば天安門広場などは冠水して交通は遮断されるほど、社会インフラはまだまだだ

言わば、北京の環境は「張子の虎」で、「見えるところだけが大都市」なのである。日本人にとっては当たり前だが、中国の旅行者が日本に来て一番感激するのは、空気がきれいで深呼吸が心配なくできることだというから、信じられない

さて、話題は変わるが、私の友人の昔話をしたい。彼は30年前「あばら家」に住んでいたが、今や中国でトップクラスのレアアース企業の会長になった。中国の「レアアース王」であり、資産は1000億円以上あるのではなかろうか

薄かった環境問題への認識

初めて会った時、彼は煉瓦職人だった。その頃、彼の家に食事に誘われたことがある。質素な食事だったが、彼と奥さん、子供と、私の4人で「ぶっかけ中華飯」をほおばったものだ眼だけが異様に輝いている彼は、レアアースの将来を熱く語ってくれた

私の知る限りでも、彼のレアアース工場は金が回らず3度まで倒産寸前まで行ったが、奇跡的によみがえった苦労を跳ね返して煉瓦職人から大金持ちに駆け上がるというのはいかにも痛快だ

今の中国には数百億円程度の大金持ちなど無数にいる。どこの国でもどの時代でも大差はないが、彼らは法律ギリギリのところで勝負をしただろう。一般論だが、国営企業が民営化する時には賄賂を使ったり、環境問題が起きても当局の幹部に贈り物をして何とか切り抜けるといった解決をしたはずだ

彼は米作農家の密集する場所にレアアースの工場を建設したこともあり、やはり環境が問題になった工場排水の環境問題で困った近隣の農民が工場を取り囲み、抗議運動をするという事件も何度かあった彼は、その時につぶやいた。「この村の税金を一番多く払っているのは俺だ」と30年前の中国は、一般的には環境問題には関心も薄く、排水問題や大気汚染やスラッジの投棄についても、法制度が未整備だったのである

当時は新しいレアアース産業には期待こそあれ環境汚染の元凶の一つだと考える人は少なかった酸やアルカリを大量処理に使うものの、中和して廃棄すれば問題はないという程度の認識だった

ところが、レアアースには放射性物質も含まれているし技術革新が進めば毒性の高い有機物の排出もあるために公害問題が後から深刻な問題になったのだ当時の中国は「貧困との戦い」が「環境との戦い」に優先する時代であったその彼は現在、環境関連の会社のトップも務めている

30年前ならいざ知らず、いまや中国は世界ナンバーワンの人口を誇り、豊かな資源も有する技術力も軍事力も有しており、今後は科学技術が環境問題の決め手になるはずだ。だが、中国は大国意識は強いが、毎年大気汚染や環境被害で多くの人々が死亡し、億単位の人が呼吸困難に陥っているともいわれている

一方、日本は資源貧国だが人材は豊富であり、技術立国であるから環境大国ともいえる

人口比でみると中国は一人あたりの資源量は圧倒的に不足しており、経済発展を担保するためにはこれからも、ある意味で環境よりも資源開発を優先せざるを得ないこう考えると中国の環境問題は、将来も解決に向かうのは容易ではない資源と環境は今や裏腹の係であるエネルギー、食糧や水の資源は、人口が多い分だけ負荷がかかる環境に関わる科学技術は、資源よりも重要になってきたといってもよい

レアアースの昔の話を一例に挙げたが、中国の環境問題は大気汚染だけではない工業水や化学肥料、農薬の河川、湖、海への流入によって、深刻な汚染が確認されている。また、重金属の土壌汚染による奇病の多発、さらには砂漠化による黄砂の被害、水質汚濁による健康被害、水・森林資源の枯渇、酸性雨、食品汚染などと並べ上げるとまさに中国は環境問題のデパートだ

当局が必死になって、環境問題の解決に奔走しているのは理解できる。ただ、あえて隣人の苦言として許していただきたいのだが、問題の根本の一つは、中国人の習慣にもあると考える

以下の3点も、「友人だからこそ話せることもある」とご理解を願いたい。

① まず、公徳心の問題環境問題は、中国人の一部にある「自分の身の回りさえ良ければ、他人の迷惑はどうでも良い」といった考え方に起因していないだろうか?

環境問題の多くは、国家、企業、個人が経済的に負担を覚悟すれば解決する部分が多いだが中国では自己中心的で国家や社会に貢献するといった観念がまだまだ希薄なのではないのか?

日本でもほめられたものではなく、最近はようやく家庭の躾や小学校の教育では「徳育、知育、体育に加えて食育」が叫ばれるようになってきた中国でも、こうした教育が不足しているのではないか?

問題の本質は意外に単純?

例えば、すべてとは言わないが、中国人の掃除の仕方を見ると、根本的に掃き清めるという発想はあまりないように思えるのだゴミを横に除くだけで本質的な清潔感が感じられない。逆に、日本人は、「心を清める」ことから掃除をするという発想から入る(無論そうでない人もいる)同じ東洋人でありながらこれほどまでに掃除の仕方が違うのは興味深い

顔の洗い方ひとつとっても、日本人は「下へ下へと縦に」タオルを数回拭うだが大陸では「顔をなでまわすように洗って終わり」の人が少なくない。単に習慣の違いなのかどうかは不明であるが、こんなところにも環境問題の本質が隠れているように、私には見えるのだ

中国人の「悪い部分」を上げつらう気などは毛頭ない。だが、問題の本質は、意外に単純なところに潜んでいるのではないか。いずれにしても、良い環境の中で生活をすれば健康だし、気持ちも良いから祖国を愛する国民が増えて中国の「裸官」のように、お金を持って海外に逃げて行く必要もないと思うが、どうだろうか

歴史的な北京のAPECの成功を祈りつつ、時がくれば工場を停止しなくても青空の下で世界平和の会議ができる日が来ることを、希望してやまない。

参考 東洋経済オンライン 2014.11.10

【関連する記事】