中国→なぜ世界で孤立しているのか

2014年9月4日、中国メディア・米爾網によると、中東など各国で中国大使を務めた華黎明(ホア・リーミン)氏と中国の国際関係学の第一人者・中国人民大学の金燦栄(ジン・ツァンロン)氏が、外交官を多数輩出している北京外国語大学で講演を行った際、同校の学生が「中国は世界から必要とされていると話されたが、それではなぜ中国は世界で孤立しているのか。活路はどこにあるのか」と質問した。

日本や東南アジア諸国とは領土問題があるが、これらの国は経済においては中国に深く依存していると指摘。中国とアフリカ諸国や周辺諸国との関係について楽観視していると話した。

参考 record china 2014.09.06

 

【関連する記事】