中国→「世界の工場」に陰り

「中国は世界の工場としての地位を失う恐れがある」との声があがっていると伝えた。  一部のエコノミストからは「中国の人件費が急速に上昇するにつれ、中国の製造業は労働集約型を中心に優位性を失いつつある」との声があがっていると報じた。すでにベトナムの人件費に比べて2.68倍も高い水準にある

さらに、中国の12年時点における製造業の人件費はベトナムやインドネシアの2-3倍、カンボジアの5-6倍になったとし、「外国企業だけでなく、中国企業ですら安価な労働力を求めて海外に工場を移転している」と指摘

また、製造業が中国から他国へ移転することは中国政府にとって大きな試練になるとの見方を示す一方、「中国経済を輸出主導型から内需主導型に転換するためのチャンスでもある」と論じた。

参考 seara china  2014.08.27

 

【関連する記事】