世界7大軍事大国韓国→恥かしい実態

韓国・ヘラルド経済は15日、韓国は「世界7大軍事大国」に数えられるが、兵士の待遇は強力な軍事力には追い付いていない「外華内貧」が実態だと報じた

記事によると、韓国軍は南北の緊張関係が続いていることなどから、英国やフランスなどと比肩するほどに成長し、数字上や新兵器への投資規模では世界トップ10レベルになっている。だが、過去に行われた国政監査では、軍内の様々な恥かしい実態が明らかとなっている

軍内では30~40年経過した軍用毛布が使用され、陸軍や海兵隊の上水道普及率は50%以下だ地下水や雨水を使用している場所がおびただしくある普通では珍しくなった汲み取り式のトイレも1400か所以上にのぼる兵士が食べる軍納食品では、髪の毛や虫が混入していることは日常茶飯事だという韓国軍の将兵は、“福祉の死角”に置かれたまま敵と対峙しているのだ

また、北朝鮮との軍事境界線(MDL)も問題がある。過去5年間、北朝鮮からMDLを越えて韓国に入った亡命者は65人いるが、このうち15人は韓国軍の警戒網に全く触れることなく入国してきた「IT強軍」の看板が恥ずかしくなるような粗末な警戒態勢だ

全軍に作戦状況を通達し、情報を共有するための戦術システム網は、無線通信の内容を手書きで入力するアナログ方式のままだ

「傑作」と世界に宣伝してきたK-11複合小銃やK-2戦車は、欠陥が明るみに出て赤っ恥をかいた

こうした軍の問題は、毎年、国政監査のたびに恒例行事のように俎上にのぼっている。

こうした状況について、軍事専門家は、軍エリートの行き過ぎた「官僚化」が原因だと指摘している

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「税金をどうやったらポケットに入れるか、軍の部品を持ち出しどこに売り飛ばすかしか考えていない首脳部が問題

軍の不正がなくなれば、すべて解決できる

徴兵制で軍人になった韓国の若者の給与は月々約120ドル。完全に奴隷

「国防予算が少ないわけではない。泥棒が多すぎる

食堂のおばさんが、軍の食品をこっそり持ち出すのを見た下も全部腐ってる

敵は内部にいる

「この機会に改善されることを願う」

「世界7大大国?今の装備では戦闘もできない

大韓民国の軍隊は韓国版軍艦島徴兵されて奴隷のように働かされる

徴兵された時、毛布は古かったし、シャワーも浴槽もなくてタライに水を入れて体を洗った。武器も必要だが、軍人の待遇や生活を改善してほしい

「作戦展開ができず、作戦権を米国に渡した韓国軍に期待しても無駄

軍事大国とは、何かの間違い

水洗式のトイレなんて、ほとんどない

「私の使っていた水筒なんて1945年以前に生産されたものだった

「建国して何年だっけ?アフリカの独立したばかりの国と同じ状況」

いくら何でも水筒と防毒マスクは新品に変えてほしい

参考 FOCUS ASIA.COM 2015.09.16

 

【関連する記事】