世界睡眠デーは夜間頻尿の重要性が認識

スイスの特殊バイオ医薬品企業フェリング・ファーマシューティカルズは、3月18日の世界睡眠デーで、不眠の原因として夜間頻尿の重要性が認識されたと発表した。世界睡眠デーは、睡眠障害について啓発するため世界睡眠医学協会(WASM)が創設。夜間頻尿は、睡眠障害の最も一般的な原因とされる睡眠障害は、糖尿病など重大疾患と関連することもあるため、夜間頻尿の兆候があれば診察を受けるべきだとしている
【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 (2016/03/25-10:33)

images-3-48-150x150images

【関連する記事】