世界最先端ガン治療→重粒子加速器(佐賀県鳥栖)

2013.5世界的な注目をあつめているのが佐賀県鳥栖にある九州国際重粒子線がん治療センターです。
重粒子加速器は千葉県の放射線医学総合研究所で開発・実用化されました。
エックス線よりも質量が重く破壊力の強い重粒子線(炭素イオンなど)を高速の7割にまで加速させて、がん病巣にピンポイントで効果的に照射することができます。
従来のエックス線やガンマ線治療ではとどかないような、体の深い部分にある病巣も死滅させることができ、正常細胞へのダメージも少なく、切除手術も必要としないことから患者への負担も軽く、高齢者や長期休暇がむずかしい人も通院治療がうけられるとのことです。
脳腫瘍・肺がん、肝臓がん、直腸がん、前立腺がんなどに対して効果があるとのことです。

参考

日本はこう激変する

著者 長谷川慶太郎

発刊 株式会社 李白社

【関連する記事】