世界体操→男子総合金メダル

体操の世界選手権第6日は28日、英グラスゴーで男子団体総合決勝が行われ、日本(内村航平=コナミスポーツク、田中佑典(ゆうすけ)=同、加藤凌平=順大、萱和磨(かやかずま)=同、早坂尚人=同、白井健三=日体大)が1978年仏ストラスブール大会以来37年ぶりとなる金メダルを獲得した

参考 読売新聞 2015.10.29

【関連する記事】