世界一、スイスの鉄道トンネル

アルプス山脈の下を走る、全長57キロの世界一長い鉄道トンネル「ゴッタルド・ベース・トンネル(Gotthard Base Tunnel)」が6月1日、スイスで開通する

images (14)

建設が持ち上がったは1947年のことだが、着工されたのは17年前。総工費は推定120億ドル(約1兆3100億円)で、これまで約2820万トンの岩石が取り除かれてきた

欧州委員会(European Commission)のビオレタ・ブルツ(Violeta Bulc)運輸担当委員は、スイス紙ターゲス・アンツァイガー(Tages-Anzeiger)に対し、新トンネルはオランダ・ロッテルダム(Rotterdam)やベルギー・アントワープ(Antwerp)とアドリア海(Adriatic Sea)の各港との間を往来する際に使われる主要路線となると語った

ブルツ氏はまた、新トンネルは「欧州の成長をけん引」し、南北の移動はよりスムーズになり、大気汚染も削減されるだろうとも語っている新トンネルの開通によりスイス・チューリヒ(Zurich)と伊ミラノ(Milan)間の移動時間は、現在よりも約1時間短縮され、2時間40分となる

開通式にはアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相やフランソワ・オランド(Francois Hollande)仏大統領、マッテオ・レンツィ(Matteo Renzi)伊首相らが出席する予定。今後数か月間は試験走行が行われ、12月から本格的な運用が開始される

ゴッタルド・ベース・トンネルは日本の青函トンネル(Seikan Tunnel、全長53.9キロ)を抜き、世界一長いトンネルとなる。3位は英仏を結ぶ英仏海峡トンネル(Channel Tunnel、50.5キロ)となる。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.05.24

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】