世界を救うか→究極の「膜」研究

 薄っぺらで、頼りなさそうな「膜」この膜が、工学の最先端で注目されている。何でも、エネルギーや環境、水など、21世紀の世界が抱える難題を解決する可能性があるとか。神戸大(神戸市灘区)には国内唯一の膜工学の総合的研究拠点があり、「神戸から新しい膜を発信したい」と研究者たちの意気が上がる。膜で一体、何をしようとしているのか。

外壁に「膜」がデザインされた建物。その中では、膜を使って、海水から真水をつくる研究が続けられていた。薄いものは実に数ナノメートル(1ナノメートルは100万分の1ミリ)だ。

わずかな厚みの中に、さまざまな技術が集結している」。神戸大先端膜工学センター長の松山秀人教授は自負をのぞかせる。

高分子物質でできた膜にはミクロな穴が無数に開いている海水から真水をつくるには、水だけを通し、塩の成分は通さない膜が必要となる。いかに効率よく水と塩を分離するか-を追究する

しかし現在の手法は水に強い圧力をかける必要があり、大きなエネルギーを要するのが難点だ。松山教授らが目指すのは、圧力をかけなくても分離できる手法の開発。従来の4分の1のエネルギーで済むという試算もある

2025年には、世界人口の3分の2が水不足に陥るとされる。膜は、問題解決に最も貢献できる技術だ」と力を込める

海水のほかにも、膜のターゲットは広い大気もその一つ。同センターでは、より早く、より確実に二酸化炭素(CO2)が分離できる独自の膜を開発。地球温暖化の防止に向けて、注目を集める

また再生可能エネルギーとして注目されているバイオエタノールに関しても、精製のための膜を開発する次世代電池として期待の大きい燃料電池にも、膜が用いられている

いずれも環境やエネルギーにかかわる重要な課題。松山教授は「膜の発展は人類にとっても有益。今後10年で新しい膜を発信したい」と意欲を見せる

(武藤邦生)

神戸新聞NEXT2016.0.6.01

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】