世界の難民6千万人→過去最悪

紛争や暴力から逃れて難民となった人の数が2014年の統計で世界全体で6000万人に迫り、過去最悪となったその半数以上を子どもが占めているという。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が18日に発表した報告書で明らかにした。

世界の人口規模と比較すると、難民の数は世界で24番目の国に相当する世界の人口の122人に1人が難民または避難民となっている計算で、2014年は過去最悪となる1390万人の難民が新たに発生。出身地に戻ることができたのは12万6800人にとどまり、この31年で最も少なかった。

UNHCRのグテレス高等弁務官は先の記者会見で、「世界は戦争状態にあるという印象だ。実際に世界の多くの地域は完全な混乱状態にある」と語っていた

地域別に見ると難民は中東の出身者が最も多く、受け入れ数では隣国シリアから159万人が流入したトルコが最多だったシリアでは内戦により760万人が国内で避難、388万人が国外に逃れた

サハラ以南のアフリカでは、中央アフリカ共和国や南スーダン、ソマリア、ナイジェリア、コンゴ(旧ザイール)などの難民が多数を占め、アジア地域ではミャンマーを脱出した難民が急増。中米では犯罪組織から逃れようとする人が増え、米国への難民申請は前年より44%増えた。

参考 CNN.co.JP 2015.06.19

 

【関連する記事】