世界の軍事費→昨年185兆円

スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は5日、2015年の世界の軍事支出は実質で前年比1%増の総額1兆6760億ドル(約185兆円)だったと発表した。世界の軍事費は11年以来、微減が続いていたが、増加に転じた。北米や西欧で減少傾向が続く一方、南シナ海で軍事進出を続ける中国をにらむアジアと、ロシアへの警戒を強める中東欧、それに中東の一部で大幅に増加した

 アジア、オセアニアは14年比で5・4%増となった。中国の軍事的拡張が主な要因で、南シナ海などでの中国との対立を反映し、インドネシアやフィリピン、ベトナムのほか、日本も長期に及ぶ減少傾向から増加に転じた

支出トップは前年に続き米国で、前年比2・4%減の5960億ドル。2位の中国は7・4%増の推定2150億ドル。3位はイエメンに軍事介入したサウジアラビアで、5・7%増の872億ドルだった

ロシアは7・5%増加したものの、664億ドルで4位に転落。主要な輸出品である原油の価格下落が響いた。5位は英国で、日本は409億ドルで8位となり、前年から順位を1つ上げた。アジアからはインド(6位)と韓国(10位)もトップ10に入った

また、ポーランドやルーマニア、スロバキアのほか、バルト三国では軒並み軍事支出が大幅に増え、ウクライナに軍事介入したロシアへの警戒感が表れた

産経新聞 2016.04.05

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】