世界の森林消失率→90年比大きく改善

全世界の森林消失のペースが、1990年以降大幅に改善していることが7日、国連(UN)の報告書で明らかになった。しかし、報告書によると、この期間に消失した森林の総面積は南アフリカの国土とほぼ同じになるという

5年ごとに発表される「森林資源評価(Forest Resources Assessment、FRA)」によると森林消失のペース改善は、南米地域やアフリカの主要な熱帯雨林を含む世界全体でみられたという

images (7)

しかし同報告書では、1990年以降に失われた森林が約1億2900万ヘクタールに上ると指摘しており、これが南アフリカの国土とほぼ同じ面積であることを説明した。報告書は、南アフリカの港湾都市、ダーバン(Durban)で開催された第14回「世界林業会議(World Forestry Congress)」で発表された。

報告書によると、1990年には、世界の陸地の総面積の31.6%にあたる41億2800万ヘクタールの森林が存在したが、2015年までに同30.6%の39億9900万ヘクタールにまで減少したという。すなわち、この期間に1億2900万ヘクタールの森林が消失した計算となる。

年間の消失率でみると、1990年代の0.18%から過去5年間では0.08%に改善している。この数字には、新たに植樹されたものも考慮している。1990年以降、植樹・整備された森林は1億1000万ヘクタール以上増え、現在は世界の森林地帯全体の約世界7%を占める

報告書は、森林減少のペースが「過去5年間で大幅に改善」したものの、最も大きな消失が熱帯地域、とりわけ南米やアフリカで顕著になっていると説明している

参考  AFPBB News 2015.09.08

【関連する記事】