世界の大気CO2→飛躍的上昇

世界の大気中の二酸化炭素(CO2)濃度が昨年、記録的な速度で上昇したことが、米海洋大気局(NOAA)の科学者たちの報告で明らかになった

海面上昇、過去2800年で最速ペースに 研究

NOAAは声明で「2015年の大気中のCO2濃度の年間上昇率は<中略>3.05ppmの急上昇で、56年間の調査中、最大の年増加量だった」と述べた。また年間の上昇が連続して2ppmを超えたのは、昨年で4年目となった。観測値はハワイ(Hawaii)州にあるNOAAのマウナロア観測所(Mauna Loa Observatory)の測定による。

1800年以前では約280ppmだった大気の平均CO2濃度は、今年2月の時点で402.59ppmだった。産業革命期前と比べて大幅に増えている

NOAAの「世界温室効果ガス・リファレンス・ネットワーク(Global Greenhouse Gas Reference Network)」の主任科学者ピーター・タンス(Pieter Tans)氏は「CO2レベルは、過去数十万年間よりもずっと急速に上昇している。自然の作用と比べて爆発的増加だ」と述べた

NOAAによるとCO2の飛躍的上昇の原因は、部分的にはエルニーニョ(El Nino)現象として知られる気候現象によるものだというエルニーニョは世界の海洋の一部を暖め、異常な降雨と干ばつを引き起こしている。他の上昇原因は、化石燃料の燃焼により高レベルの排出が継続していることだ同じようなCO2の飛躍的上昇が前回観測されたのは1998年で、同じく強力なエルニーニョの年だった。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.03.11
   images-3-48-150x150images

【関連する記事】