世界のゴミ問題は→福岡方式で解決

アフリカのケニア広大な土地に巨大なゴミ山がそびえ立ち、強烈な悪臭を放っているさまざまな虫や鳥、動物が群がり、さらにはゴミを拾う人たちの姿も見られる彼らは「スカベンジャー」と呼ばれ、ゴミの中から使える物を拾い、業者に売ることで生計を立てている
そんなスカベンジャーの力を借りて、「福岡方式」で廃棄物処理場を世界各地に作り、現地の人たちに慕われる大学教授がいる。福岡大学工学部の松藤康司さん。40年にわたり地球のゴミ問題に立ち向かう松藤先生と、ケニアのプロジェクトを担当する国連ハビタットの星野幸代さんに話を聞いた
――ゴミは私たちの生活に密着しているものの、注目されにくい分野ですね。松藤先生は、なぜゴミ問題に関心を持ったのですか?

松藤:特に興味はなかったんですよ。福岡大学薬学部に在学中、ゼミの担当教授から「工学部で水質分析ができる人を探している」と声をかけられ、たまたまゴミの研究を始めたばかりの工学部の花嶋正孝先生の実験室を訪れました。1970年のことです。当時の日本は、高度成長に伴って大量のゴミが出て、うまく処理できず山積みになっていた。そこに害虫や悪臭が発生し、問題になり始めた頃でした

「ゴミ処理の研究に将来はありますか?」と花嶋先生に尋ねたところ、「明日のことはわからん。でも、ゴミ問題は誰かが取り組まなければならない」と。僕は明日さえわかないという言葉に大きなロマンを感じて、この世界に飛び込んだんですよ普通なら不安で引くのに、変わってるでしょ(笑)。薬学から突然ゴミの研究に転身したことで、親から勘当され、まわりからは不思議がられましたね……。

■ 1975年、世界の未来を変える技術が福岡で誕生

――当時、日本でゴミ埋立を研究する人はいなかったのですか?

松藤:焼却分野はいたけれど、埋立では花嶋先生がパイオニアですちょうど福岡市はゴミ埋立場からの汚水や臭気に頭を悩まされ、花嶋先生と市の担当者が出会ったことで官学の連携が始まった頃で。僕は助手になり、朝3時起床でゴミ処理場に通ってデータ収集に明け暮れる毎日でした。

たまたま見つかったネガティブデータ(失敗データ)に着目して追究した結果、準好気性埋立構造、通称「福岡方式」の基本概念にたどりつきましたそして1975年、福岡市に日本初の準好気性埋立場を開設しました

――福岡方式とはどんなものでしょう?

松藤:福岡大学と福岡市が共同開発した、環境保全型のゴミ埋立技術です埋立地の底に集排水管を通して外気を取り込むことで、土壌の微生物を活性化させて、廃棄物の分解を促進。これが排水の浄化につながり、温暖化に影響するメタンガスの発生も抑えられます

また、竹やドラム缶など、現地で調達できる資材を使うことも可能であるため、低コストで建設・管理できるのも魅力ですつまり(1)高度な技術が不要、(2)低コスト、(3)地球にやさしい埋立方式なのです

――それで日本中へ広がったと。

松藤:日本中の自治体がゴミ問題を抱えていたので、福岡方式は注目を浴び、各地で採用されました。1979年に制定された旧・厚生省の最終処分場指針では日本の標準構造として採用されて、今では日本全国およそ200箇所、85%のゴミ埋立地で福岡方式が使われています

海辺には適しませんが、内陸は福岡方式にするというガイドラインがあるので。同時に、福岡方式は研究を続けることでまだまだ進化しています。

――海外へ技術移転したきっかけは?

松藤:1988年、日本のODA(政府開発援助)の一環で、JICAの衛生埋立の専門家としてマレーシアに派遣されたのが最初でした。現地のゴミ処理場には20年前の福岡と同じような光景が広がり、僕自身、当時にタイムスリップしたような感覚で。現場の人にいろいろ教えてもらい、現地で入手できる物で福岡方式の埋立地を作った。それが驚くほどうまくいったんです

 その後もJICAや国連ハビタット、福岡市、福岡大学などから協力要請があり、これまでイラン、中国、イタリア、ドミニカ共和国、ベトナム、ブータン、サモアなど13カ国で埋立場改善を行いました。一方で、福岡に120カ国以上の研修生を受け入れて、技術指導などを行っています

■ 現地人もビックリ! 手でゴミをガツとつかみ…

――2015年には、アフリカで初となるケニアのプロジェクトも始まりました。星野さん、そもそも国連ハビタットはどんな機関なのでしょう?

星野:世界各地で急速な都市化が進行するのに伴い、発展途上国の都市に暮らす人々の居住問題は深刻化しています。1978年に設立された国連ハビタットは、そんな都市化や居住に関する様々な問題に取り組み、都市計画や政策提言の一方、住民主体のまちづくりを推進しています

ゴミ問題も主要なテーマのひとつで、福岡本部が開設した1997年から、松藤先生には大変お世話になっています。

――ケニアに福岡方式を導入した理由は?

星野:ケニアは急激に都市化するにつれ、ゴミの増加とゴミ捨て場から発生するガスや汚水による悪影響が表面化しており、特に中小規模の都市におけるゴミ処分場の建設とシステムの確立が急務でした。そこで松藤先生に廃棄物コンサルタントに就任いただき、2015年3月下旬から7カ月かけて、まずは約1万平方メートルのモデル処分場を建設したのです

松藤先生は世界のどこに行っても誰よりも早く一団の先頭を歩き、ご自分の歩幅で距離を測り、ゴミを手でガッとつかみ臭いをかいで、BOD(水の汚れを示す指標)やpH(酸性・アルカリ性への傾き度合い)をほぼ正確に当てられる。これには現地政府の人もスカベンジャーもビックリですよ。本当にパワフルでプロフェッショナルな先生です。

それに、どこの地域でも地元の人の手で処分場を造り、維持管理できるようにするというのが松藤先生のモットーなんです。

――地元の人、というのは?

松藤:一般にスカベンジャーと呼ばれる、ゴミ拾いで生計を立てている人たち。彼らを見て眉をひそめる役人もいるけれど、考えてみたら、彼らはボランティアで使える物を仕分けてゴミを減らしてくれる人なんですよ

ゴミ処分場を作るときは、彼らを2つのグループに分けて1日おきに拾うように提案した。するとケンカや事故がなく安心して拾えて実入りもよくなり、僕らと共存できると認識してくれました

そうなってくると、役人が彼らに30分だけ廃木材を拾ってほしいなどとお願いすることも。ゴミ処分場の環境を改善するのは、行政にも彼らにとってもいいことなので、だんだん彼らの顔つきが穏やかになって、仲間になってくれるんです

星野:ケニアでも、先生は最初に調査に行ったときからスカベンジャーひとりひとりと握手して「こんにちは。また来るから僕のこと覚えておいてね」と笑顔で話しかけていました。現地には老若男女200人ほどのスカベンジャーがいて、1週間でのべ100数十人くらい日雇い労働者として現地の自治体が雇ってくれる。それも先生の要望から始まったことです

先生たちがやり方を指導すると、皆あっという間に仕事を覚えます。先生が「よし」「やめ」などと日本語で言うのを覚えて、お互いに「よし」「やめ」と声をかけ合って作業する。私たちが先生のことを「せんせい」と呼ぶから、現地の人も「せんせい」と呼ぶんです

■ 信頼を得るには、自分がフロントに立って作業する

松藤:(ゴミ処分場の)完成まで、毎日20~30人くらい雇いました。仕事があると噂を聞き、スカベンジャーたちが毎日集まってくる。すると、その作業員たちを相手におばちゃんがコーヒーを売りに来たりして、小さなコミュニティができる。

今、僕が提案しているのは、日本人が廃油から石鹸作りを教えて、雨水をため太陽光で温めたシャワーを作ったらいいのではということ。埋立の改善を通して、ちょっとした生活改善の道筋をつけるお手伝いもできればと思っています。

――へー、すごいですね。現地で受け入れられる秘訣は?

松藤:僕自身が長靴を履きスコップを握って、フロントに立って作業することかな。信頼されるには、一緒に汗を流すことが大切日雇いの人たちが僕は大学の先生だと知って、大変驚いていたそうです

どこの国に行っても、国の官僚や自治体の人たちの中には現場で不快な顔をしたり、視察に行っても車両から決して出ようとしない人もいるものです

星野:ケニアの自治体の皆さんも、最初はあまり現場に頻繁に来なかった。いつも革靴できちんとスーツを着て、地元ではエリートですから。だけど、先生はとにかく知識と経験がケタ違いで、先生の話を聞くうちに全員目からウロコが落ちるような瞬間がある。そのうち、興味を持って現場に来るようになるんですよ。

松藤:日本や世界のどの現場でも、現地の環境や人から学ぶことがたくさんある。それを現場や学生に伝えています。

――現地の人とうまくいかないときは?

松藤:焦らず・慌てず・諦めず。イライラして相手の言葉が荒くなっても、こちらが怒ったら終わり。うまくいかないのは何か理由がある。そこをじっと観察しながら、いいところを引っ張り出します。それから、研究者に必要なのはあくなき好奇心と謙虚さだと思います

■ 元スカベンジャー、10年後に会うと…

――働くことでスカベンジャーに変化があるでしょうね。

星野:スカベンジャーは日々の暮らしで精一杯。でも、先生のチームに雇われて働くと、すごく表情が輝いてくるんですよ

先生はこの人は力持ち、この人は手先が器用と、それぞれ得意なことを見抜いて、班にわける。中には、日当をはたいて次の作業用にコテを買ってきて、また雇われるようにアピールする人もいるほど働くことに誇りを感じ、先まで考えるようになるんですね。確実に意識が変わります

松藤:僕は技術指導した場所をアフターフォローとして回っています。最初のマレーシアの埋立場では、すごく痩せた男性のスカベンジャーが廃品回収業をスタートして、どんどんビジネスがうまくいき、数年後に会うと羽振りがよくなっていた

次に10年くらいして行ったら、今度は自ら土地を買って、数十人を雇用している恰幅がよくなり、ベンツのような高級車に乗り、子どもたちを専門学校に行かせてね僕が学生やJICA職員と現地を訪れると、皆にコーヒーを出してお土産まで用意してくれていて、日本の招き猫がほしいなんて言ったりして……役所の人に言わせると、彼は俺よりもサラリーがいいんだと(笑)。KING of WASTE(ゴミの王様)と呼ばれ、スカベンジャーのサクセスストーリーとして新聞にも載っていました。

ほかにも、中古のトラックを買って廃品回収業で大成功して、社長になった人もいます。一緒に埋立した人がイキイキとして、ゴミや環境関係に携わってくれているのは、本当にうれしいですよ。

――単にゴミ処理場を改善するだけでなく、仕組みづくりも素晴らしい。今後の展開について教えてください。

星野:開発途上国では環境担当の部署がない自治体も多かったのですが、今は増えてきました環境問題が重視されてきたと実感しています。国連ハビタットとしては、これから福岡方式を、ケニアを拠点に、そしてアフリカの別の国やほかのエリアにも広めていきたいと考えています

■ 悲惨な歴史が、技術を生んだ

松藤:福岡方式をもっと世界に普及させたいですね。学問は普遍性と再現性がないといけない。福岡方式がどんな国・気象条件でも応用できるかという、福岡方式の限界への挑戦です。

そのためには産学官民の連携が重要だと感じています。僕は今、使用済み紙おむつの再利用も研究しています。共通するのは、地球にやさしい資源の循環サイクルを広めることです。

九州という地は、水俣病やカネミ油症など、過去大変悲惨な現実に向き合ってきた。産業の発展に伴い環境や人が受けてきた悪影響を未然に防ぐにはどうしたらいいか、それも私のテーマです。

僕がゴミの研究を始めた当初、大学まで出てゴミの研究なんて……と陰口を叩かれた。でも、今は環境が世界の大きなテーマとなりました。福岡で生まれたこの技術が、国と時代を越えて世界へ広まり、さらにシンプルでローコストで持続可能なゴミ処理法になるように、これからも力を尽くします

参考 東洋経済オンライン  2016.01.16

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】