不妊の原因?→卵巣チョコレート嚢胞とは

タレントの藤崎奈々子さん(37歳)が、9年前から同い年の一般男性と交際し、事実婚状態であることを明らかにしました。今年2月、子宮内膜症の一種である「卵巣チョコレート嚢胞」の診断を受け、手術をしていた藤崎さん。お相手の存在に励まし続けられたと言います。

ひどい場合は卵巣摘出の可能性もあったという藤崎さん。藤崎さんが患った「卵巣チョコレート嚢胞」とはどのような病気なのでしょうか?

「卵巣チョコレート嚢胞」とは

卵巣チョコレート嚢胞は「子宮内膜症性卵巣嚢胞」とも呼ばれる子宮内膜症のひとつです子宮内膜症は、子宮の内面をおおっている子宮内膜と同じ組織が、子宮の内面以外の部分にできてしまう病気で、20~40代の女性が多くかかると言われています

腹膜や卵巣に病巣をつくることがあり、卵巣内に子宮内膜症が進むと嚢胞(のうほう)をつくりますそしてそのなかに古くなった血液がたまっていきますこのときの血液が酸化して古くなり、黒っぽくかたまっていることから「チョコレート嚢胞」と呼ばれるようになりました

◆「卵巣チョコレート嚢胞」の症状とは

卵巣チョコレート嚢胞の原因は先天的なものであるという説や、月経時の血液が逆流するという説、腹膜の組織が変化しているからなど、諸説さまざまですが詳しい原因はわかっていません。しかし、妊娠と関係があるのではないかと考えられています。

卵巣チョコレート嚢胞は破裂することがあり、緊急手術をする場合があります。また、子宮内膜症は不妊症の原因になる恐れがあるため、早期発見と治療が望まれます。卵巣チョコレート嚢胞の症状は次の通りです。

・強い月経痛
・腰痛
・骨盤痛
・性交時や排便時の痛み

少しでも気になるところがあれば、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

◆妊娠には影響があるの?

ダウンロード (12)

一般的に子宮内膜症は不妊症の原因になるといわれています。特にチョコレート嚢胞が重症化した場合、卵管がくっついて受精卵が卵管を通りにくくなるため、妊娠の確率が低くなります。また、卵巣がかたくなることで、正常な排卵ができなくなる可能性も高いのです。将来的に子どもを望むのであれば、早急な治療が望ましいです

◆卵巣チョコレート嚢胞にかかったら…どんな治療をするの?

治療を行う場合は「薬物療法」と「手術療法」の2つの方法があります。薬物療法は薬によって一時的に女性ホルモンを減らします軽い場合は低用量ピルや、ダナゾール、ジエノゲスト、GnRHアゴニストといったホルモン療法を行います。しかし、直径5cm以上の大きさになった場合は、手術が望まれます。最近では手術療法が第一の選択となっています

手術を行う場合は「開腹手術」と「腹腔鏡手術」のどちらかです。病状によって手術は異なり、卵巣を全摘出する手術と、嚢胞だけを摘出して卵巣を残す手術のふたつがあります。嚢胞だけを摘出する場合は、2~3割の再発の可能性があります。

子宮内膜症を防ぐためには、身体を冷やさないことが大切です。また、卵巣ホルモンの原料となる動物性食品を過剰にとりすぎないことや、鉄分を十分にとる必要があります

参考 Mocosuku編集部 2015.09.02

【関連する記事】