不動産高騰に苦しむ→中国貧困層

中国の不動産は近年高騰しており、低所得者や貧困層は高すぎる住宅に手が出せず、さまざまな場所に居住している

北京では地下に住む「鼠(ねずみ)族」が存在し、高騰する住宅と貧富の二極化を反映している

そんな中、「コンテナ族」という言葉が今ネットで広まっている。香港紙・成報が伝えた。

文字通り、彼らはコンテナに住んでおり、四川省成都市だけでもすでに8000人以上が利用していると思われる

コンテナハウスに住む人の多くは建設関連の現場作業員で、中にはホワイトカラーや大学生も利用している。コンテナハウスは1泊6元(約100円)ほどで借りられる

参考 Record China 2014.02.28

 

【関連する記事】