三菱重工、日立、住商→タイの鉄道受注

 三菱重工業、日立製作所、住友商事は30日、タイ国鉄から都市鉄道建設プロジェクトを受注したと発表した受注金額は約1120億円三菱重工が交通システムの設計・調達、日立が車両製造、住商が財務面のとりまとめやシステムの据え付けを行う。2020年の完成を目指す。

3社が受注した都市鉄道建設プロジェクトは、タイ政府が進める大規模事業計画の一つで、バンコク市中心部のバンスー駅を起点に北に26.4キロ、西へ14.6キロ延伸する全線高架の鉄道路線となっている

北線は日本政府からタイ政府へ供与される円借款、西線はタイ政府の自己資金で建設される

今回の契約では列車の安全な運行を実現する信号システムやアルミニウム合金の軽量車両、鉄道システム一式の設計・建設を工事込みで一括で請け負う3社は、約4年の工期で完成させる

産経新聞 2016.03.30

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】