三菱重工→インドのLNGタンク2基受注

三菱重工業 <7011> は29日、インド国営石油会社(IOCL)から、LNG(液化天然ガス)貯蔵タンク2基の建設プロジェクトを受注したと発表した。7月に着工し、完工は2018年春の予定。

今回受注したのは、容量18万立方メートルの大規模LNG貯蔵タンク2基IOCLがベンガル湾に面した“南インドの玄関口”チェンナイの北約25キロのエンノール港近郊に建設するLNG受け入れ基地に設置される

IOCLは石油の精製・輸送・販売のほか、石油化学製品の製造なども手掛ける国営企業インド国内での石油精製の31%、石油製品販売の49%を占めている

三菱重工業はLNGの受け入れ基地、貯蔵タンク、LNG運搬船などで実績があるが、インド向けLNG貯蔵タンクを受注するのは今回が初めて

参考 (ZUU online 編集部) 2015.06.29

【関連する記事】