三井物産、初の赤字→2600億円

三井物産は23日、2016年3月期の連結業績予想を下方修正し、純損益が700億円の赤字(従来予想1900億円の黒字)に転落する見通しだと発表した資源・エネルギー市況の低迷により、大幅な減損損失を計上するためで、同社が通期で純損失となるのは創業以来初めて

原油、銅、石炭などの長期的な価格下落を背景とした減損損失は計2600億円に上る見込み。このうち、チリ銅事業で約1150億円、オーストラリア液化天然ガス(LNG)事業で約400億円の減損をそれぞれ計上する。

安永竜夫社長は記者会見で「必要な減損はすべての事業で織り込んだ」と語り、一段の価格下落がない限り、追加損失の可能性を否定した。初の赤字転落への責任については「大変重く受け止めている。私がやるべきことは収益力を回復させることに尽きる」と述べた。

時事通信 2016.03.23

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】