一人暮らしの通信料→パソコンとスマホで

家のネットやスマホの通信料、高いですよね家族で利用するなら自宅に光回線を引いて、スマホ代も割引があったりして節約できますが、一人暮らしだとどうしても割高になってしまいます光回線で月に6,000円程度、スマホ代が月に8,000円だとしたらそれだけで1か月の通信料は14,000円にもなります

もっと、通信料を節約することはできないのでしょうか? 今回は、一人暮らしの方で、スマホを持ちながら自宅ではパソコンを使っている、という人のための節約術を紹介します!

方法は2つあります

通信料を節約する方法は2つ。普段のネットの利用の仕方によって、向いている方を選びましょう。

・格安スマホとモバイルルーターを使う……月4,000円程度
・格安スマホをテザリングにして使う……月3,000円程度

【よく使う人向け】格安スマホとモバイルルーターを使う

モバイルルーターとは通信するための機器出かけるときはスマホとモバイルルーターを携帯する必要がありますが、自宅のパソコンもモバイルルーターで繋げるので通信料の節約になります

おすすめはWiMAX2+です月額3,000~4,000円で使うことができ、安いところを選ぶと2,000円台でも可能です「RaCoupon WiMAX2+」だと月額2,388円とかなり安いです

さらに、スマホはdocomoやau、Softbankではなく、格安スマホにMNPしますネットはWiMAXを使うので、高速通信が使えないタイプのSIMカードを選びます

たとえば、DMM mobileのライトプランなら月額440円です。なお、400円台の激安SIMカードというのは通話ができません。LINEやSkypeといった通話アプリで事足りるなら、これで十分です

一方、電話も必要だという人は、さらに2つの方法があります。

通話専用のガラケーを持つ
通話つきSIMを選ぶ

通話専用のガラケーであれば、一番安いプランで3円で持てるものもあります。auのガラケーでプランEシンプルを選択すると割引きで料金が相殺されてユニバーサルサービス料のみで済みますよ。また、通話が多い方ならかけ放題プランを選ぶことで1,000円ちょっとになります

通話つきSIMの場合、月額1,000円程度からあります。モバイルルーターとスマホを持って、さらにガラケーまで持ちたくないという人はこちらを選びましょう。

【月額料金】
・通話ナシで大丈夫な人……WiMAX+格安SIM=3,000円程度
・通話少し必要な人……WiMAX+格安SIM+ガラケー=3,000円弱/WiMAX+通話付格安SIM=3,500程度
かけ放題が必要な人……WiMAX+格安SIM+ガラケー(かけ放題)=4,000円程度

テザリングとはスマホ自体がモバイルルーターの役割を果たし、パソコンの通信をできるようにするものですスマホの設定画面から設定ができます

一般的な通信キャリアの場合は通信量の制限があり、また、容量の大きいプランを選ぶとそれだけ高くなってしまいます。さらに、パソコンはスマホよりも通信量が多くなりますので、対応してきれない可能性があります

おすすめは、ぷららモバイルLTEの定額無制限プランです。月額2,760円でネットが使い放題になります。通話付プランだと+700円になります

ただ、テザリングでは快適度はモバイルルーターに劣ります。基本的にはほとんど問題なく使えるのですが、大容量のファイルを送受信するときや高画質の動画を見る、といったときには遅さを感じるはずです。

モバイルルーターを使うよりも安くはなるものの、仕事や大学のレポートでパソコンを使う、という人はよく考えてから決めましょう

【月額料金】
・通話ナシで大丈夫な人……格安SIM無制限プラン=2,760円(ぷららモバイルLTEの場合)
・通話少し必要な人……格安SIM無制限プラン+ガラケー=2,763円/通話付格安SIM無制限プラン=3,460円
かけ放題が必要な人……格安SIM無制限プラン+ガラケー(かけ放題)=3,760円程度

格安スマホに乗り換える方法

ちなみに、上記の金額にスマホの端末代は含まれていません。現在使用しているスマホがまだ分割代金支払い中の場合は、簡単に格安スマホに乗り換えられませんよね。

今使用しているスマホがまだまだ使えるなら、その端末をそのまま格安スマホにしてしまいましょう。格安SIMには主にドコモ系とau系があるのですが、今回ご紹介したぷららモバイルLTEとDMM モバイルについてはいずれもドコモ系です。

現在docomoで契約している人なら、今お使いのスマホをそのままMNPで格安SIMに替えることができますよ。auやSoftbannkの人は、「SIMロック解除」という手続きが必要です。店頭手続きなら3,000円、WEBからなら無料でできますが、対象機種が限られていたり購入から180日以上経過していること、といった制約があるので注意してください

次に、新たに端末も購入したいという人の場合は、自分で端末を用意します。ソフマップやAmazonでは中古や新品のスマホが売られています。利用する格安SIMのエリア(ドコモ系かau系か)に合わせて選んでもいいですし、はじめから「SIMフリー」と記載されたものを選んでもいいですね。

新たに端末を購入する場合は数万円の出費になりますが、それでも今後通信料が下がることを考えれば、すぐに元は取れますよ

参考 マネーの達人 2015.09.04

【関連する記事】