ロシアの顔認識サービス

ロシアの顔認識サービスが見知らぬ人の写真を撮り、アプリを使って身元を特定できるようにすることで、公共空間における匿名性を危険にさらしている

FindFace」という名称のアプリは人気の高いロシアのソーシャルネットワーク「Vkontakte」で一般に公開されているデータを利用しており、70%の成功率で身元を特定できると主張している

FindFaceは2016年2月に登場したばかりだが、ロシアの写真家Egor Tsvetkov氏によるプロジェクト「Your face is big data」(あなたの顔はビッグデータ)が広く報じられたことで、世間での認知度が一気に高まった。Tsvetkov氏はこのプロジェクトで、FindFaceアプリを使い、地下鉄で写真撮影した人々の身元を特定した。FindFaceの創設者らによると、同アプリの登録ユーザーは今や50万人に達しており、300万件近い検索を処理したという

images (17)

こうしたレベルのプライバシー侵害は確実に、顔認識について人々が以前から抱いていたプライバシー上の懸念を助長するだろう。たとえばソーシャルネットワークのFacebookは、ソフトウェアがFacebookの利用者を顔認識できるようにする「faceprint」データを保存していた可能性があるとして批判を浴びた。ただしFindFaceの場合は、Facebookよりもさらに1歩か2歩、プライバシーに踏み込むものだ

FindFaceは自らを出会い系サービスとして売り込んでいるが、創設者らはいずれ警察当局や小売企業にアルゴリズムをライセンス供与することで利益を得たいと考えている。同社はThe Guardianの取材に対し、すでに技術の利用についてロシアの警察から連絡を受けたと述べた。

一方で、一般の人々は、「iPhone」や「Android」デバイスにFindFaceアプリをダウンロードするか、ウェブブラウザを介して利用でき、1カ月に最大30件の検索を無料で実行できる誰か興味のある人を見つけたら、写真を撮ってアプリにアップロードするだけで、当該人物のVkontakteプロフィールを探すことができる、と共同創設者のAlexander Kabakov氏はThe Guardianに対して述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japan2016.05.18

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】