ロシアの貧困層、300万人増の2300万人

欧米の経済制裁と原油価格の下落による景気悪化を受けて、ロシアで貧困に陥る世帯が急増している。3月末の時点で、1カ月の生活費が公式の貧困ラインとされる9662ルーブル(約2万円)に満たない層は2300万人に迫り、前年同期より300万人増えた

オリガ・ゴロジェツ副首相はロシアのテレビ局に対し、危機的な状況になりつつあるとの認識を示している

ルーブルの暴落に伴いインフレが加速して、今年1~3月期の物価は年率16%上昇一方で実質賃金は5月に14%減、6月は7%減となった

ロシアの貧困率はプーチン政権下の15年で着実に改善を続け、2014年には11%まで下がっていたが再び上昇に転じて16%になったウクライナ危機に終息の兆しは見えず、状況の好転は見通せない。欧米の対ロシア制裁は2016年まで延長された

生活水準の低下で今年に入って小売売上高は毎月落ち込み続け6月は9.4%下落した

ロシアの経済規模は1~3月期で2.2%縮小。国際通貨基金(IMF)の予想によると、今年は3.8%減来年は1%以上の縮小が見込まれる

ロシアの銀行や企業は欧州からの資金を断たれ欧米への武器輸出もできない政府当局者や一部企業は渡航禁止や資産凍結の対象になっている

ロシア最大の貿易相手国である欧州連合との貿易は今年1~2月で3分の1以上減少メドベージェフ首相は、制裁による年間の損失額は1060億ドル(約13兆円)に上ると推定している

ロシアは報復として西側からの食品輸入を禁止したがそのあおりで6月の物価は21%近く上昇した

参考 CNN.co.jp  2015.07.23

 

【関連する記事】