ロシアでHIV感染拡大→原因はコンドーム

 昨年11月、ロシアのエイズ予防対策連邦センターのワディム・ポクロフスキー所長は会見で、ロシア全土でエイズウイルス(HIV)への感染が拡大しており、このままでは2020年までにHIV感染者が200万人に増える可能性があると警告した

だが心配ご無用。クレムリン直属のロシア戦略調査研究所(RISS)がエイズ感染拡大の原因を突き止めたコンドームだ

ダウンロード

性行為を通じて感染し、エイズを発症すれば死に至らしめることもあるHIVその感染拡大を防ぐための唯一ともいえる手段であるコンドームが、HIV感染拡大の原因だと言うのだ

HIV感染は西側の攻撃

RISSのタチアナ・グゼンコワ副所長はモスクワ議会で証言し、HIV感染拡大は西側諸国のロシアに対する「情報戦争」に他ならないと力説した

RISSが公表したHIV感染に関する報告書の共著者でもあるイーゴリ・ベロボロドワは、「避妊具業界が商品の売り込みに躍起になるあまり、未成年者の性行為を煽っている」と批判HIV感染を予防する最善の対策はコンドームの使用ではなく「互いに忠実な男女間の結婚を基盤とする、ロシア伝統の家族の価値を守ること」だと述べた

【参考記事】抱腹絶倒!プーチン皮肉るアングラ劇団

グゼンコワ副所長は、エイズ予防対策には西側諸国とロシアという2つのモデルがあると主張。そのうえで西側のエイズ予防対策について「いかにも新自由主義的なイデオロギーに満ちており、薬物依存症患者やLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの性的少数者)といったHIV感染リスクの高い特定のグループに過度に焦点を当てたものだ」と批判した

ロシアのエイズ対策は「ロシアの文化的、歴史的、精神的な特性を取り入れており、保守的なイデオロギーとロシアの伝統的な価値観に基づいている」と評価した

【参考記事】ロシアにはダメ男しかいない!

だがポクロフスキーには、そうした政府のアプローチこそが、ロシアにおけるHIV感染拡大の元凶と映る。「過去5年間のロシアの保守的なエイズ予防対策の結果、HIV感染者は2倍に増えた

ロシアでは2015年、9万3000人が新たにHIVに感染した。いや大丈夫、コンドームを禁止して貞節を説けば万事解決だ

シボーン・オグレイディ

ニューズウィーク日本版2016.06.01

   images-3-48-150x150images

【関連する記事】