リーフの電池活用→ポータブル蓄電池

オートモティブエナジーサプライ(AESC)は「スマートエネルギーウィーク2016」に同社自慢のポータブル蓄電池「ポーチク」を出品。ブースを訪れる来場者にその良さを訴えるなど、精力的にPRを行っていた。

同社は日産自動車が51%出資する子会社で、電気自動車『リーフ』用のバッテリーを製造している。日産からはバッテリーをどこに売ってもいいといわれている。そこで、考え出されたのがポーチクだ。キャリーバッグの形をしているが、その中はもちろんリーフに使われているバッテリーが入っている。昨年8月からオンラインショップを通して一般のお客にも販売を開始。価格は20~30万円。関心は非常に高いものの、価格がまだ少し高いこともあって、なかなか一般のお客は二の足を踏むケースが少なくなかった。そんな中、いい流れも徐々に出てきたという。

ようやく大口の契約が決まりました。これを機に販売に弾みをつけたいと考えています。また、リース販売も開始しましたので、これからこの商品の良さを知ってもらえるようにさらに努力していくつもりです」と同社の加東重明社長は力強く話していた。

(レスポンス 山田清志)

【関連する記事】