リニア大阪延伸時期短縮へ

2027年の名古屋開業を目指すリニア中央新幹線について、自民党の特別委員会は24日JR東海が45年に計画している大阪延伸時期を短縮するための検討を始めた財政投融資の活用などで同社の資金負担を軽減する案が有力で、低金利を足がかりに高速交通網の整備を加速させる

リニア中央新幹線の早期整備は、18日に素案が示された政府の「骨太方針」でも明記されるとみられ、委員会幹部は「JR東海の自主性を尊重するが、検討してもらえるのではないか」と期待感を示した

リニア中央新幹線の建設などはJR東海の自己資金で賄われ、27年の名古屋開業後は同社の経営体力回復のため、大阪延伸工事の着工までに一定期間を要するとされる。政府・与党は資金負担の軽減で、延伸工事の早期着工が可能とみており、JR東海にも検討を促す考え

SankeiBiz2016.05.25

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】