リニア→時速603キロ到達

リニアの最新型車両「L0(エルゼロ)系」が山梨リニア実験線(山梨県上野原市−笛吹市、全長42.8キロ)で時速603キロを記録したと発表したギネス記録に認定されている鉄道の有人走行での世界最高速度を22キロ上回った。同社は新記録をギネスに申請する方針

史上初めての時速600キロ以上での走行は21日午前10時48分、実験線内にあるトンネル内で10.8秒間、走行距離1.8キロにわたったこれまでの最高速度は2003年12月に試験車両の「MLX01」が出した581キロ今月16日の走行試験でもL0系が590キロを記録していた

JR東海はリニア中央新幹線について、27年に品川−名古屋間開業を、45年に大阪までの全線開業を目指している営業時の最高速度は500キロの見込みより高速での走行試験は、車両への空気抵抗や揺れなどのデータを取るために実施している

参考 毎日新聞 2015.04.21

【関連する記事】