リオ五輪、チケット販売低迷

南米初開催となるリオデジャネイロ五輪の開幕を数か月後に控えたブラジル政府は2日、五輪のチケットの売り上げが低迷している状況と五輪に対する国民の関心の低さに危機感をあらわにした

ブラジルで豚インフル流行、ジカ熱に加え新たな問題

ジカウイルスの感染拡大や高い犯罪率、政治的な混乱がすでに8月5日の開幕に影を落としているとして懸念が高まる中ブラジル政府は今、五輪会場が空席になるかもしれないとの見通しに直面している

リオ五輪組織委員会のフィリップ・ウィルキンソン(Philip Wilkinson)広報担当は2日、これまでに販売されたチケットはわずか50%にとどまっているとAFPに語ったパラリンピックに関してはさらに少なく、わずか12%だという

ジョルジ・イルトン(George Hilton)氏の辞任に伴い新たに就任したリカルド・レイゼル(Ricardo Leyser)スポーツ相は、現地紙フォリャ・ジ・サンパウロ(Folha de Sao Paulo)とのインタビューで、ブラジル国民に(五輪への)関心を呼び起こし、販売を促進する計画に取り組んでいると述べた

対策の一つとして、パラリンピックを中心に、政府がチケットを購入し、学校などに配る可能性もあるという

リオ五輪はブラジルが政治的に安定し急激な経済成長の中にあった2009年に開催が決定した。だが、開幕が迫るにつれ、組織委員会はあらゆる面で深刻な問題に直面している

政治が混乱しジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領率いる政権は崩壊寸前の危機にあるほか、景気の落ち込みにより、警備や開会式、選手村を含め、五輪の予算は大幅にカットされた

また、ジカウイルスの問題でブラジルへの渡航警告が相次いでいる上に、先週には五輪の警備を担当する国家治安軍のアディルソン・モレイラ(Adilson Moreir)司令官が突然辞任した

さらに、ブラジルは世界で最も犯罪が多い国の一つで、空港や開会式が行われるスタジアムに近いマレ(Mare)を含むリオの貧困地区では、麻薬組織と警察の間で銃撃戦が頻発している。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.04.04

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】