ラサ島ってしってますか?

その島はある企業の私有地。かつてはリン鉱石の採掘で栄え、島の形が変わるほど掘り尽くされ、そして今は爆撃の標的にされている。これだけを聞いて、それがどこの島なのか分かる人がいたら相当の「島通」である。

この島の名は沖大東島。沖縄の南大東島から約150キロ南にある無人島である別名ラサ島名付け親は1804年にこの島の近海を通ったらしきフランスの軍艦。ラサとは平坦という意味だという

一時期はリン鉱石採掘で2000人以上の人が暮らしていたそうだが、1945年、戦争の激化により全員引き上げ、その後はリン鉱石を採掘していたラサ工業の私有地となっている現在は米軍の射爆場となっていて米軍はラサ工業に使用料を払っているそうである(ちなみに、日本には何カ所か米軍の射爆場となっている島があるかの尖閣諸島にも2島ある)

なんと、この話だけでもいろいろな想像力をかき立てられる。無人島。それは海洋民族である日本人の心をなぜかそわそわさせる存在だ。日本には6852の島があるが(日本離島センター発行『SHIMADAS』 2004年改訂版)、うち有人島は418島(平成22年国勢調査)にすぎない日本の島の大半は無人島なのである(とはいえ、単なる大きめの岩礁レベルのものも含まれるが)。

参考 dot 2015.09.12

 

【関連する記事】