モデルたちがやっている老け防止策

寒い季節、ちょっと油断すると肌がカサカサ。乾燥した空気があっという間に肌から水分を奪って、春先には1年前にはなかったはずの小じわが出現……

これを防ぐためにがんばっても、人は呼吸している以上、どうしても老いは止めることはできないそうなんです! ええっ、それってどういうことなのでしょうか?

呼吸をして取り込む「酸素」は活動するために欠かせないものですが、どうしても約2%ほどが悪玉物質に変異してしまうとか。その結果、身体がさびつき、見た目が老けてしまう……。じゃあ息を止める? それじゃ死んじゃいますって。

老化は、生きている以上、止めることはできません(涙)。でも、そのスピードをゆっくりにすることはできるんです。世の美魔女たちが年齢よりも若く見えるのは、その方法を知っているから!

老化=酸化を引き起こすのは酸素(O)。なので、水素(H)を摂ることで、身体の中で酸素は水(H2O)に変わりますその水を汗や尿として外に出しちゃえばいいんです。結果、さびにくい身体になる。これを「還元力」といいます。「老け」のもとを体外に追い出しちゃうわけですね

また、水素は宇宙でいちばん小さな分子とされています。小さい分子だから、カラダにぐんぐん浸透していくんです

飲んで身体の内側からキレイにしてくれるだけでなく、外からお肌や髪につけても潤いが期待できるわけ

高価な美容液を塗りたくるより、まずは水が基本!だって人のカラダの60%は水なんですから

20年も前から医療の現場でも使われているこの水素水は、肥満や心臓病、高血圧といった生活習慣病に効果があることが臨床実験でわかっているそうです。さらに2007年には、日本医科大学老人病研究所の研究グループが脳梗塞などの予防に水素が効果があるという研究成果を発表しました。この論文は、権威ある科学誌「ネイチャー・メディシン」にも掲載されているのです。

テレビでもたくさん取り上げられた結果、世の中には多くの「水素水」が販売されるようになりました。でも、水素は“世界一小さな分子”なので、すぐにペットボトルやアルミなどのパッケージから抜け出てしまうんです

参考 女子SPA! 2015.01.19

 

【関連する記事】