メキシコが中国鉄建に賠償金支払

メキシコは2日、高速鉄道プロジェクトの発注をキャンセルした賠償金として中国企業側に1600万ドルを支払った。3日、人民網が伝えた。

この問題をめぐっては、11月3日に中国鉄建を中心とする国際ジョイントベンチャーがメキシコ市とケレタロを結ぶ高速鉄道工事を落札したが、数日後にメキシコ側が「競争入札の合法性と透明性を確保するため」との理由で、入札結果を取り消し、やり直しを発表していた

参考 FOVUS ASIA 2014.12.04

【関連する記事】