ボーイング777X→主要構造21%受注

ボーイングは、日本の機体主要パートナーと新型旅客機777Xの開発・製造に関する正式契約に調印したと発表した

777Xの主要構造部位の約21%を日本の航空機メーカーが製造分担する分担部位は胴体、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部結合、客室扉、貨物室扉、主脚扉、翼胴フェアリングなど

契約を結んだのは三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機の5社

ボーイングはこれまで、日本の航空機メーカーと、次世代737、737MAX、747、757、767、777、787ドリームライナーの開発、製造を通じて、50年近い協力関係を続けてきた

契約した各社は今後、工場の新設を含む拡張、ロボットや設備導入による自動化推進などに投資して、高品質の製品を納期通りに提供する

ボーイングは、2014年に50億ドル(約6100億円)におよぶ製品・サービスを日本から調達した。ボーイングによる日本からの調達規模は、今回の契約締結により今後5年間で約360億ドル(約4兆4000億円)に達する

777Xは、現行777ファミリーをベースとして製造する。777Xは現在、6社から306機の確定受注を得ており、2017年に生産を開始、2020年の初号納入を目指している

参考 《レスポンス 編集部》  2015.07.27

【関連する記事】