ホンダ→下水処理過程で水素製造を提案

ホンダは、7月28日から31日まで東京ビッグサイトで開催される「下水道展15 東京」に、燃料電池自動車(FCV)』『FCXクラリティ』やV2H対応DC普通充電器「Honda Power Manager HEH55」などを出展する。

またホンダの水素関連技術である「スマート水素ステーション(SHS)」やFCV、外部給電用インバータ「Power Exporter CONCEPT 9000」などの縮小スケールモックアップを配置したジオラマで、同社が描く水素社会におけるスマートコミュニティの全体像を紹介する。

今回の出展では、主催者特別企画「水素社会と下水道」ブースで下水処理過程における副生エネルギーの有効利用による水素製造と、来たる水素社会に向けたホンダの取り組みコンセプトつくる・つかう・つながる」の連携によって生まれる、新たな価値を提案する

参考 レスポンス 2015.07.24

【関連する記事】