ペットボトル分解菌を発見

ペットボトルや衣服の素材であるPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌を、小田耕平・京都工芸繊維大名誉教授や木村良晴・同名誉教授、吉田昭介・元慶応大理工学部助教らのグループが見つけた分解メカニズムも解明しており、PET製品のリサイクルなどにつながる。米科学誌サイエンスで11日発表する
堺市で採取した試料から得たことにちなんで、細菌の名称を「イデオネラ・サカイエンシス201-F6」と名付けた。この細菌は、ペットボトルなどに比べて結晶化の度合いが弱いPETフィルムの表面に張り付いて分解する
遺伝子の解析から、2種類の酵素を用いてエチレングリコールテレフタル酸に分解していることも突き止めたこれらの酵素は、これまでに報告されているPET分解酵素と異なり、常温で活性が高い特徴があった
現在、PETのリサイクルでは化学的な処理が行われているが、細菌を用いることでエネルギーの消費量を減らすことが期待できる、という

京都新聞2016.03.11
  images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】