ベトナム→南沙諸島のクルーズを計画

– ベトナム政府は、一般国民を対象とした南シナ海の南沙諸島(英語名スプラトリー諸島)へのクルーズを計画している。

クルーズは6日間で、定員180人、費用は800ドル(約10万円)。南沙諸島の2カ所の岩礁と2島を観光し、夜釣りや海鮮料理も楽しめるという

ツアーの広告は「一生の思い出となる旅行を通じて、国民の誇りを取り戻し、領有権への意識を高める」などとしており、政治色が色濃く出ている

中国外務省の報道官はこのクルーズ計画に対し、定例会見で、中国の主権の「侵害だ」と述べた

同諸島や周辺海域をめぐっては中国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイ、台湾が領有権を主張中国は大規模な埋め立て工事を行い、各国からの非難を受けている

ベトナムは、年内にも定期航空便の就航を計画している

参考 ロイター 2015.06.05

【関連する記事】