ベトナム→強き外交に磨きをかける

「したたか」「二枚舌」「ズル賢い」――

(その国の人の)小柄で華奢でおとなしそうな外見とは裏腹に実は、大国・中国に、そう言わしめるほどの小国がアジアにある

ベトナム・ハノイの農村で見つけた日本との親和性とは?

したたかな朝貢外交を展開し、中国のみならず、米国、フランス、ロシアに至ってまで、「山椒は小粒でもピリリと辛い」と知らしめているのが、実はベトナムだ

ダウンロード (1)ダウンロード (12)

 1000年にもわたる中国の侵略や支配、約70年にも及ぶフランス下での植民地支配に屈せず、さらには20年続いた米国とのベトナム戦争、その後は中越戦争を経験した

■ 何度も痛い目に遭わされてきた中国

「China and Vietnam: The Politics of Asymmetry(中国とベトナム、その非対称な政治)」の著者で、米国における中国政治外交の専門家、ブラントリー・ウォマック博士は、「中国の力は、再三、ベトナムという岩の上で砕け散ってきた」と言う

 ベトナム戦争でロシア軍や米軍が置きざりにした戦闘車など、お古の兵器を駆使して中国に勝利してきたのである

ベトナムの強さの秘密は強靭な忍耐力と精神力に裏づけられたべトコン戦術の「硬」と、朝貢外交で至れり尽くせりの「軟」を、1つのコインの裏表のようにして巧みに使い分けながら、超大国を翻弄させる戦略にある

また、戦争で1つの大国と戦う一方で、同時に別の大国を引き込むしたたかな戦術も強さの秘訣と言える

ベトナム戦争では中国と旧ソ連の超大国を激突させ、一方で米国との闘いのための後ろ盾として両国の支援を引き出した日本などより、ずっと外交上手と認めざるを得ない

そんなベトナムが日本の伊勢志摩開催のG7サミット(主要国首脳会議)では拡大会合で初デビュー。4月に就任以来、初来日を果たしたグエン・スアン・フック首相が安倍晋三首相と初の首脳会談で国際舞台で日越の蜜月を演出した

G7開催前には米国のバラク・オバマ大統領がベトナムへの歴史的訪問を実現

約半世紀ぶりになる米国からの全面的な武器輸出解禁合意で、「昨日の敵は、今日の友となった」(チャン・ダイ・クアン国家主席)と、アジアの小国でありながら日越連携に続き「米越同舟」を巧みに演出、中国への牽制を国際社会にアピールした

共同声明には明確化されていないが、ベトナムは武器輸出解禁を条件に、米軍がベトナム戦争時、のちには2002年にロシア軍が撤退するまで使っていた東西冷戦時代の要衝で、長年閉鎖されていたカムラン湾への米海軍寄港を認めたとみられる

寄港とは言え南シナ海軍事防衛の戦略的最重要拠点に米海軍が入る意味は大きい

中国と陸続きのベトナムは南シナ海に面した南北に長い約3000キロの海岸線を持ち、多くの港湾を抱え、主要な海洋ルートの交差点にある。そのため、経済や安全保障などの観点から、米国の対中戦略において他の東南アジアの国より重要な拠点となり得る

さらに、対中強硬路線を敷いてきたフィリピン・アキノ大統領の後を継ぐドゥテルテ次期大統領の親中政策によって南シナ海での中国による軍事拠点化が進む可能性があることからベトナムの戦略的価値がこれまで以上に高まっている

■ 中国、突然の石油掘削

 ベトナムは、冷戦期では旧ソ連が最大の支援国で、最大の貿易相手国であったしかし、1991年の旧ソ連の崩壊後、かつての敵である中国、米国、フランスなどと国交回復するなど、全方位外交を敷いてきた

そんな中、ベトナムに全方位外交の限界を思い知らしめたのが2014年5月の中国の国際法違反と見られる一方的な石油掘削作業開始だった

これまで幾度もの中国の軍事的脅威に対し、軍事的直接対決を避け、海軍共同巡視や高官交流などで信頼醸成を築き、「南シナ海は防衛可能」と見ていたベトナムの希望的観測は見事に打ち砕かれた

言い換えれば、今後、これまでの全方位外交は修正が迫られる

特に、国内の経済システム改革と貿易相手国の拡大を図り、経済失速が顕著になっている中国への過度の経済的依存度を軽減する方策へシフトせざる得ない多国との経済連携は安全保障の強化にもつながる

FTA(自由貿易協定)やTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を推し進め、さらに米国や日本との外交軍事的連携強化とともに、対中政策でインドなどとの関係強化にも積極的に取り組んでいく必要がある

  ベトナムは最大の輸出相手国「米国」と慢性的な貿易赤字に悩まされる最大の輸入相手国「中国」に加え、保有する武器のほぼ100%を調達する最大の軍事武器供与大国「ロシア」という複雑な3大国の狭間に立ちながらも、ラストリゾート(最後の命綱)をこのいずれの超大国には依存しないことを固く誓っているからである

現に、カムラン湾には今回の米国との“密約”以前に、実はロシア、インドなどが使用している特定の対中勢力に限定的にカムラン湾を使用させることを避けつつ米国を巻き込むことで、中国との関係悪化を回避するしたたかな全方位外交が見てとれる

しかし、中国の軍事脅威が日増しに強くなっている状況ではベトナムはかつてない難しい舵取りを迫られている。そのため、日本、インド、スリランカ、オーストラリアなど諸外国と包括的な連携を深めている

日本にとっても決して対岸の火事ではないこの連携が機能しなければアジア太平洋地域全体の発展や安定に影を落とす危険性がある

■ オバマ訪問の真の狙いはロシア対策

さらに、今回のオバマ大統領の訪越ではメディアは「中国牽制報道」に終始していたが、実は訪越の最大の狙いは、対ロシア戦略にあることを忘れてはならない

ロシアはベトナムに武器や兵器を供与し続け、2015年からはカムラン湾でベトナムと共同訓練を実施するとともに、ロシア軍の戦略爆撃機などが同湾の基地を給油拠点とし、アジア太平洋地域で活動を活発化させている

ロシアの軍事的な関与拡大が明確になってきており米国はベトナムに接近することでロシアを牽制する姿勢を鮮明にするという狙いがある

実は、4月に就任当時、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は初めての外遊を伊勢志摩のG7サミットする予定だったと言われている。しかし、実際には、ロシアを初の外遊先に選んだ

オバマ大統領の訪越を睨んで、ロシアのプーチン大統領が5月19、20日に開催の「ロシア・アセアン(東南アジア諸国連合)首脳会議」(ロシア・ソチ)で初外遊するよう促したと見られている

ロシアでアセアンとの首脳会議が開かれるのは初めて

同首脳会議はロシアにとって、アジア地域で米中が覇権を争う中、同地域での「超大国」としての存在感を国際社会にアピールする絶好の機会だったしかし、米国がこれを牽制、「フィリピンとマレーシアが米国から欠席を促され、結果的にフィリピン以外の9カ国の首脳が出席」(ロシア政府筋。ロシア・アセアン首脳会議では、今回、プーチン大統領に”忠誠を誇示”したマレーシアのナジブ首相が大統領にピタリと寄り添う姿が世界に配信された)。

 ダウンロード

 ベトナムはオバマ大統領の訪越、日本でのG7での安倍首相との初の首脳会談を前に、歴史的な友好国で、しかも中国が警戒するロシア訪問でその蜜月ぶりをアピールしたことになる

軍事だけでなく経済連携でも再び接近するロシアに仁義を切り巧みな外交的バランスを取ったと言えるだろう

しかも、フック首相は他のアセアン首脳より一足先の16日にロシア入りサミットに先立って、べトナム投資家による約30億ドル(約3250憶円)という大規模プロジェクトの巨大な牛乳加工工場建設の着工式典に出席している

アセアンの中でもロシアとの際立った親密ぶりを披露した

実は、アセアンの中でロシアの最大の貿易相手国がベトナムである2015年の両国の貿易額は約28億ドル(約3100億円)

■ 対中依存脱却、ロシアへ急接近

さらに、ベトナムは、2015年5月、アセアンで初めて、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンなどが加盟するユーラ シア経済連合(EEU)ともFTAを締結した

両国の2020年の貿易額は、2014年比で約3倍の100億ドル(約1兆1000億円)に達すると見込まれている対中依存からの脱却、ロシアとの経済面での連携を拡大し、安全保障の基盤強化を急ピッチで進めている

今回の露越首脳会談の際、プーチン大統領が「ベトナムはロシアにとって、アジア太平洋地域での最重要のパートナー」と二国間関係の重要性を強調する一方、フック首相もチャン・ダイ・クアン国家主席からの伝言として、プーチン大統領にベトナムが主催国で2017年開催のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)に合わせ、ベトナムを公式訪問するよう招聘

ウクライナ問題で欧米から経済制裁を受けるロシアは政治・経済両面で中国への依存を拡大させている一方、対アジア外交で戦略的な均衡を図ることが急務とされる

同じように中国への経済的依存が大きいベトナムとの関係強化をアピールすることでベトナムとの軍事経済的関係を図るオバマ政権に対抗する狙いもある

プーチン大統領としては中国にエネルギー交渉で主導力を誇示される中、さらに軍事外交面でも“中国より劣勢”になることはどうしても避けたい

ベトナムを中心に アセアンへの武器輸出を通じて東南アジアへの関与を深め、ひいては南シナ海に進出拡大する中国や、それに対抗し軍備増強を進める米国に警戒させる思惑もある

ロシアはベトナム戦争時、戦車や戦闘機を北ベトナム軍に援助するなどベトナムが使用する武器や兵器のほぼ全量がロシア製だ

ベトナムの過去最大の武器購入も、昨年、総額で数十億ドルに上った6隻のロシア製潜水艦で、米軍の間では「ブラックホールズ」と総称される「キロ級潜水艦(ロシアの通常動力型潜水艦)」だ

 潜水艦は弱者の兵器とよく言われる海深くに潜んで、相手の艦隊に効率的にダメージを与えられるため、戦力に大きな開きがある場合には特に有効な兵器とされる。ベトナム戦争時代のベトコンの地下トンネルのイメージを思い浮かべてもいいかもしれない。

■ 兵器のほとんどがロシア製

アセアンでは最強でも中国に比べれば圧倒的劣勢にあるベトナムにとって中国を牽制するには最適な兵器であり、これをロシアから調達していることにも大きな意味がある

今回、ベトナムの人権問題など障壁があるにもかかわらず米国がベトナムとの関係改善に踏み切ったのは、こうした背景もある。もちろん、米国の狙いは、東西冷戦時代の要塞で、今では南シナ海の要衝となった、カムラン湾にある

同湾から南沙(英語名スプラトリー)や西沙(同パラセ ル)の両諸島までの距離が、各々約600キロと近距離であることから、同湾を活用すれば、南シナ海の偵察・監視能力は大きく高まる

日本も4月戦艦としては戦後初めて、海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」と「ありあけ」をカムラン湾に派遣しているベトナムにとって、南沙や西沙の両諸島など南シナ海の監視能力増強は緊急課題だ。昨年、ダナンに日本の海上自衛隊の対潜哨戒機「P-3C」が降り立ったとき、多くのベトナム軍人の関心を呼んだ

ベトナムは3月カムラン湾に軍民共用の「カムラン国際港」を開港原則、世界のどの国も活用できるが、どの国の寄港を許可するかは、ベトナム政府に選択権があり、戦略的な運用を目指す方向だ

その意味では、すでにカムラン湾に定期寄港している事実から、日本もTPPなどの経済的側面以外の安全保障面からもベトナムの期待を背負っているといっても過言ではないだろう

 南シナ海情勢がベトナムや中国、さらにはアセアンや日米などが複雑に絡む段階に発展した今全方位軍事外交の見直しが迫られるベトナムは、今後さらに難局に直面することが予想され、困難な舵取りが要求されるだろう

日本にとって経済、安全保障における戦略的パートナーのベトナムの存在はその重要性が高まる一方である。それは、南シナ海をめぐる国家間の緊張が、予測不可能な新たな局面を迎えていることをも同時に示唆している

末永 恵

 JBpress2016.06.08
 images-3-48-150x150images

【関連する記事】