ヘルペスとはどんな病気?

誰もが一度は耳にしたことのあるヘルペスという病気。再発を繰り返したり、一度かかると治らなかったりという理由から、怖い病気のように思えるかもしれません。しかし、原因や症状、感染経路や再発防止の対策など、正しい知識を身につけておけば上手にコントロールすることができます。まずは、ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスの特性と、主な症状から説明します。

 

ヘルペスとは、ウイルスによる感染症

ヘルペスは怖い病気ではなく、誰もが一度はかかっている一般的な感染症です。例えば、ほとんどの人が子どものころにかかる水ぼうそうも、そのひとつ「ヘルペスウイルス」と呼ばれるウイルスが皮膚や粘膜に感染して、水ぶくれができる病気のことを言いますこのヘルペスウイルスの特徴は一度感染すると人間の神経細胞の中に一生棲みついてしまう「潜伏感染」であるということウイルスが神経細胞の中で潜伏している間は、症状が出ません。しかし、疲労やストレスが溜まり、体の抵抗力が衰えている時などに暴れ出し、ウイルスが増殖を始めて皮膚や粘膜に現れます。このように、一旦は症状が治まっても、しばしば再発を繰り返すのがヘルペスのやっかいなところです

代表的な口唇ヘルペスの場合日本人でウイルスに感染している人は20〜30代で約半数、60代以上ではほとんどの人が感染しているというデータがあります。しかし、ヘルペスウイルスに感染していても必ず症状が現れるとは限らず、感染に気づいていない人も多く存在しています

 

■唇や性器の周りにできる水ぶくれが特徴

人に感染するヘルペスウイルスのうち、一般的なのは「単純ヘルペスウイルス」と呼ばれるウイルスです体のどの場所にも感染し、皮膚に水ぶくれを起こします。代表的なものは、唇の周辺にできる「口唇ヘルペス」と、性器周辺にできる「性器ヘルペス小さな水ぶくれがたくさんできて、痛がゆい状態が続き、やがて水ぶくれが破れてかさぶたになると、1〜2週間ほどで自然に治ります

幼小児期の初感染では、症状が現れないか、現れたとしても軽症で済むことがほとんどです。また、幼小児期に一度感染すれば免疫ができるため、大人になってから再発しても軽症で済みます。しかし、生活様式の変化に伴い、現代は子どものころに感染する機会が減ってきているそうです。大人になってからの初感染は重症化しやすいと言われており、注意が必要です

ヘルスケア大学2016.05.15

images-3-48-150x150images

【関連する記事】