ブラジル→原潜1隻含む5隻を建造

ブラジルのジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領とセルソ・アモリン(Celso Amorin)国防相は12日、リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)から約70キロ離れたイタグアイ(Itaguai)にある潜水艦造船所の開所式に出席した。

この造船所は同国海軍、ブラジルの建設会社オデブレヒト(Odebrecht)、仏DCNSが共同で建設した

約8500キロもの海岸線を有するブラジルは、領海のパトロールのため原子力潜水艦1隻を含む潜水艦5隻を建造する計画

ブラジルは憲法と核兵器不拡散条約(Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons、NPT)により核兵器の開発と配備が禁じられており、5隻はいずれも通常弾道型の魚雷を装備することになっている

ブラジルは英国、中国、フランス、ロシア、米国と並ぶ原潜保有国になることを目指している

全長約100メートル、6000トンの原潜は2017年に建造を開始し、2025年に就役する予定。この原潜に搭載する原子炉と濃縮ウラン燃料はブラジルの技術で開発が進められている。

新たに建造される5隻は、1980年代にブラジルがドイツと共同開発した5隻の潜水艦の後継となる予定。

新造潜水艦の最初のものは現在、全体の45%が完成している。

ブラジルはフランスと2008年に結んだ取り決めの下で、DCNSが提供する資材と訓練を活用してブラジルが独自の潜水艦造船産業の確立を目指す

参考 AFP=時事 2014.12.14

【関連する記事】