「フリーフォームディスプレイ」→シャープが開発

中国メディアの騰訊数碼は10日、シャープが開発した自由な形状に設計できるディスプレイ「フリーフォームディスプレイ」を紹介する記事を掲載し、「従来の液晶ディスプレイに比べて革命的な進歩」と高く評価した。

記事は、米メディアのPCWorldの報道を引用し、シャープが6月に「フリーフォームディスプレイ」を発表したことを紹介したうえで、日本で開催された最先端IT・エレクトロニクス総合展のCEATEC JAPAN 2014で「フリーフォームディスプレイ」が展示されたと伝えた

続けて、「フリーフォームディスプレイ」はシャープのIGZO技術とシャープ独自の回路設計によってさまざまなニーズに応じた形状を実現できると紹介、その一例として自動車のインパネ(インストルメントパネル)を1つのディスプレイだけで表示できると伝えた

参考 サーチナ 2014.10.15

【関連する記事】