フジテレビ→末期症状?

ゴールデンタイムをはじめとした視聴率低迷に苦しみ、最近は現役の女子アナウンサーがトーク番組で「誰も見てない」「挽回はもう無理」などと自虐的な発言を連発したことが話題になっているフジテレビ。

懸念されている視聴者離れを少しでも改善したいところだが、相変わらずネガティブな話題でインターネット上を騒がせている発端は、6月5日に放送された『池上彰 緊急スペシャル! 知っているようでよく知らない韓国のナゾ!』だ

同番組では韓国人にインタビューを行っており、日本の印象について、女性が「嫌いですよ。だって、韓国を苦しめたじゃないですか」と回答、男性も「国として嫌いです」と答えている場面が放送されたいずれも韓国語での返答だったため、この発言は日本語の吹き替えおよび字幕で放送されていたが、実際の音声と内容が食い違うことに気づいたネットユーザーからの指摘が相次ぎ、6月29日にはフジが公式サイトで謝罪文を発表した。

それによると、フジは「韓国の方に日本についてインタビューしているVTRで、2カ所合わせて約10秒、翻訳テロップ並びに日本語吹き替えナレーションの内容と異なる映像を、誤って使用していた」と説明しており、いずれも別の映像では字幕通りの発言をしていたという。テレビ局関係者が語る

フジは『編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であった』ことを理由として、あくまで『流す映像を間違えた』で収めようとしていますが、この言い訳は苦しまぎれもいいところでしょう。そもそも、こんな体制で番組づくりをしているのであれば、過去の報道なども含めて『信頼性は乏しいですよ』と自ら宣言しているようなものですネット上の指摘が盛り上がったことで、しぶしぶ謝罪コメントを出したという事情がうかがえ、ネット上では『意図的な字幕捏造』という見方が大勢を占めています取材で一番やってはいけないのが、結論ありきでそれに沿った内容だけを取り上げ、意に沿わない内容を排除してしまうことです。これはテレビに限らず、メディアに携わる者なら基本中の基本ですが、フジは最初から『韓国人は反日』という構成で番組づくりを行っていた可能性があります

●「普通の取材すらできない」フジ

 あくまで「字幕通りの発言をしている映像もある」と言い張るフジに対し、ネット上では「だったら元の映像を出せばいい」「編集前の素材を見せれば解決する」という意見が頻発したが、フジは原本の公開を拒否しているその姿勢が、さらに不信感を増大させているようだ

フジは5月に、生中継禁止の記者会見で中継を強行、主催者から注意された後も中継をやめずに会見を中断させるなど、その取材体制が問題になりました。また、ツイッターでは朝の情報番組『とくダネ!』の公式アカウントが一般ユーザーにぶしつけな取材依頼を飛ばし、『どこまで上から目線なのか』と批判が殺到したこともあります。最近、業界内では『もはや普通の取材すらできなくなってきたのか』と酷評されています。先日、『ボクらの時代』で佐々木恭子ら女子アナが現在の不人気ぶりを嘆いていたように、局員らもネット上で盛り上がるフジ批判を目にしている可能性は高いでしょう。だからこそ、挽回しようと気がせいているのかもしれませんが、打つ手がすべて裏目に出てしまうという悪循環に陥っています

フジはやみくもに挽回策を練るより、一度テレビ局としての本分を見つめ直したほうがよさそうだ。

参考 Business Journal  2015.07.13

 

【関連する記事】