フィリピン旅行の韓国人男性ショック

韓国メディア・MBCによると、韓国人男性とフィリピン人女性の間に生まれ、韓国人男性に認知されていないコピノ(Kopino)と呼ばれる子供たちは現在2万人韓国では養育費を求める訴訟が相次いでいるという。ソウル家庭裁判所は9日、5年前にフィリピン出張でフィリピン女性との間に子供をもうけたが、韓国に帰国後は養育費を一切支払わなかった韓国人男性に対し、養育費を支払うよう求めた。先月は城南地方裁判所で、フィリピン女性と同居し子供を二人もうけた韓国人男性に対し、養育費の支払いを命じる判決が出ている

そんな中、フィリピンを訪れた韓国人男性が、「嫌韓シール」と題したブログを掲載した。フィリピンの電柱に貼ってあったシールに書かれた文言に、ひどくショックを受けたという。ブログの内容は以下のようなものだ

「フィリピン旅行で見かけた電柱に貼ってあったシールに書かれた文言に本当にショックを受けた。『韓国人は帰れ(KOREAN GO HOME』と書かれている手書きでもない。ちゃんとプリントされたシールである。どう反応すればいいのか分からなかった。日本人の嫌韓とは違った意味合いが込められていそうだ。韓国人はフィリピンで何をしたのだろう?特に戦争を起こしたわけでもない。侵略した事実もない。私たちがフィリピンに行って、貧しい国だからと無視したから、こんなことが書かれているのだろうフィリピンは日本に侵略されたにも関わらず、親日的。だが、韓国に対しては嫌韓感情があるようだ。コピノの現実や韓国企業の人権を無視した労働力搾取がその原因だろう国家のイメージは国民によって決まる。韓国人はここで一度、自分たちの行動を考えて見直すべき。他国で恥ずかしいことをするのはやめよう

このブログに対し、韓国のネットユーザーからも様々なコメントが寄せられている。

「嫌韓を嫌日に変えることはできないか?可能性はないだろうな」

「日本の嫌韓はおかしいが、フィリピンやベトナムなど東南アジアが韓国を嫌うのには理由がある

「一部の東南アジア女性は、お金持ちの外国人と結婚するのがお金持ちになる唯一の方法。だから、韓国人男性と付き合って、すぐに妊娠する。それが生きる方法になっている」

自分の子供なんだから、しっかり面倒みてほしい

「子供を作って連絡を断つのは、恥ずかしいこと。国に恥をかかせるな

出産率が低くて大問題だから、外国にいる韓国系の子供は受け入れたほうがいい

「中国人男性や米国人男性の間で生まれた子もたくさんいるのに、なぜ韓国人男性にだけ責任を問う?

「日本の悪い面を見習ってしまった」

子供を捨てた奴はそれに相応する罰を受けるべき

参考 FOCUS ASIA.COM  2015.06.14

 

【関連する記事】